奴隷調教学園 キャンペーンガール|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

奴隷調教学園 キャンペーンガール

投稿日時:2009/07/02 11:29カテゴリ:学校での体験談

夏休みを前に、奴隷調教学園にコンドーム使用促進キャンペーンへの協力要請があった。 
学園の生徒達は必ず生挿入で中出しなのに何故と思われるが、彼女達は口径避妊薬を学園から支給されているし、体を直接汚されるのも奴隷の大事な仕事なのだ。 

だが一般の女子学生たちはまったくの無防備である、中出しで妊娠する事も珍しくない。 

高等部から選抜された生徒達が体育館に集められた。 
その中には、アイドルとしてデビューしている横田みみや、アイドル声優への道を歩み始めていた我那覇さゆりの姿もあった。 

みみは短い髪を明るい栗色にしているボーイッシュな女の子。 
パッチリとした大きな瞳は神秘的なブルー、そしてすらっとした手足にふくよかな乳房が魅力的な女の子だ。 

さゆりは沖縄出身の子、こげ茶色の髪を肩まで伸ばしている。 
瞳はグリーン、肌の色は褐色、全体の雰囲気はまだ幼さが残るが、極上の沖縄系美少女だった。 

生徒達のコスチュームだが、腰の周りにまとわり付いているだけと言っても良いほど短いスカートと、乳首だけをかろうじて隠している三角ビキニだった。 
色は白、右腰に青い縦のストライプ、左腰に学園のエンブレムが付けられている。 
そして、素足にヒールの高いミュールを履いていた。 
下着は各々が一番と思ったものを身に着けていた。 
みみはパンティラインを気にしてか、白のTバックを選んだ、さゆりは可愛いのが好きなので、フリルのたっぷりついた白のパンティをはいている。 

「今日は日差しが強いですから、UVカットのクリームをちゃんと塗りましょうね、あなた達は学園の商品なんですから、しみが出来ちゃ大変ですよ」 
「はーい、塗ってまーす」 
「下着の中もですか」 
生徒達はお互いの顔を見合わせくすっと笑うのだった。 
「はーい、塗りまーす」 

生徒達は二三人が一組で駅前広場や臨港遊園地へ出かけた、そして腕にかけた小さなカゴからコンドームを取り出しては、若い男達に手渡すのだった。 

我那覇さゆりと横田みみの二人は臨港遊園地にいた。 
土曜日の午後、子供連れの家族や、恋人達でにぎわっていた。 
浜風は優しく吹き渡り、明るい日差しが降り注いでいた。 

観覧車前の広場に着くと二人は大きな声で 「セーフティセックスにご協力を」 
 「あなたの大切な人を泣かせないよう、コンドームを使いましょうね」 とアピールし始めた。 
彼女達が動くたび、おっぱいがぷるんとゆれ、スカートの裾がずり上がりパンティが見えてしまうのだった。 

皆、笑顔でコンドームを受け取っていく。 
二人もいっぱいの笑顔で、一所懸命コンドームを配った、三角ビキニがずれ、乳首が露出している事にも気がつかないほどに…… 

男達の中には使い心地を確かめさせろと言い寄る者も現れる。 

「使い心地ですか、普通ですよ」 
大抵の場合、この様に言えばその場を立ち去ってくれる、しかし中にはどうしても試したいという男もいた。 

「どうしてもですか?」 
「ああ、まさか君達は使い心地の分からない物を配っている訳じゃないだろ」 
「はい……それは……」 
我那覇さゆりは困ったような表情を見せ、みみの方を振り向いた。 
男は二人の体を下から上へと、舐めるように眺め、生唾をごくりと飲み込む。 
「ほら、早くしろ」 と言いながらジーンズのファスナーを下ろし始めた。 
「私がするね」 みみはさゆりにウインクするとコンドームの封を切った。 
「あーあ、お兄様駄目ね、ふにゃちんだもん」 
「しかたねえだろ」」 
「私が大きくしてあげるね」 

みみは亀○をペロッと舐め、右手の親指人差し指、そして中指の三本でペ○スの根元を掴むと、優しく揉みながらゆっくり上下させた。 
少しずつ大きくなるペ○ス、みみはそれをぱくっと咥えた。 
うぐうぐ、くちゅくちゅと一所懸命フェラチオ奉仕を続けた。 
十分大きくなったところで 「コンドームつけますからね」 とコンドームを亀○の上に乗せた、そして口を使いコンドームをペ○スにかぶせていった。 
「へえ、上手だな」 
「特訓したんですよ、今日のために」 

また一人の若い男がさゆりの所に来た、そして 「僕も試したいだけれど……」  
と申し出るのだった。 
さゆりは、にこっと微笑み、男のズボンからペ○スを取り出した。 
「まあ、もう大きいですね」 
男は頭を掻きながら隣で行われているフェラチオ奉仕を眺めた。 
「そうよね、あんなの見せ付けられたら大きくなっちゃいますね、どうしますすぐしますか、それとも……」 

男は何かに気づいた様だったが、首を傾げ、自信無さそうにたずねた。 
「あのー、その声、もしかしたら我那覇さゆりちゃん?」 
さゆりは売り出し中の声優だった、脇役では有るが何本かの作品に出演している。 
「はい、そうです、まだ顔出ししてないのに、良く分かりましたね」 
「ファンだよ、その声すごーくいい、特ににゃんって甘える所がたまらないよね」 
「うれしい、さゆりにとって初めてのファンよ、だから思いっきりしゃぶるね」 
「てへへ」 男は嬉しそうに、照れながら頭を掻いた。 
さゆりは熱心にペ○スをしゃぶり始めた、口元をきゅっと締め、ペ○スを出し入れした。 
しばらくすると男はペ○スをさゆりに任せながら、携帯を取り出し熱心にメールを打ち始めた。 
「じゃ、そろそろコンドームつけますね」 
さゆりも口を使いコンドームをペ○スにかぶせた。 
「ちょっと待てくださいね、今脱ぎますから」 
さゆりはミニスカートをとり、その下のパンティを足首から抜き取った。 
そして四つんばいになり、ペ○スを受け入れる姿勢を整えた。 

隣では、みみが一足早く下半身を丸出しにして四つんばいになっていた。 
「お客様どうかお試し下さい」 

「へえ、もう洪水だなまだ触っていないのに」 
「私達奴隷は、ご奉仕するとぬれるように調教されているんです」 
「ははっ、便利な体だな」 
「はい、フェラチオ調教の時、ちゃんと濡れないとお仕置きなんです、とっても痛いお仕置きなんです、それを何回か経験すると、濡れないとひどい目にあう事を体が覚えちゃうんです」 
男は 「ウウン」 とうなりそのまま黙り込んでしまった。 

ペ○スの先が膣○に触れた 「ひっ!」 みみの口から小さな声が漏れた。 
何度か淫裂を擦った後、ペ○スがぬるりっと挿入された。 

次の瞬間さゆりのお○んこもペ○スを飲み込んでいた。 
「何か変、つるつるしてるよう」 とみみ。 
「ほんと、生と違う……」 
さゆりは、いつもと違う感覚をどうにかしようとお尻をくねくねと動かし角度を調整している。 
「だめえ、何だか引っ掛かりが無いの」 
「生がいいよう」 
みみが叫んだ。 
みみを突いている男があきれながら 「まったく駄目キャンペーンガールだな、生がいいだなんて」 と笑った。 
そう言いながらも男は、みみの膣○の締まりや膣○の粘膜で出来た襞々を楽しんでいた。 
愛液まみれの襞々はねっとりとペ○スに絡みついた。 

さゆりを犯している男がたずねる。 
「ねえ、さゆりちゃんも生がいいのかい?」 
さゆりは 「えへっ、どちらかと言うとねっ」 と言いながらお尻をくねくねと揺すった。 

人だかりが出来始めた。 
その中にいた幼い少女が二人の下に近づいてきた、左手には真っ赤な風船の糸が握られていた。 

「わあ、みみちゃんだ、みみちゃん何しているの?」 
「お仕事なの、おじょうちゃんのお名前は」 
「あのね、五月っていうの」 
五月は物珍しそうにみみが男と繋がっている所を見つめている。 
「いたくないの?」 
「平気よ、本当はとってもいい気持ちなのよ」 
男はすかさずみみのお○んこを突いた。 
「あああんっ」 みみの腰がふるえる。 
みみのあえぎ声も二人が繋がっている所のぬめりも、小さな女の子には理解不能の様だった。 
「ねえ、みみちゃん、お尻の穴が見えてるけど恥ずかしくないの?」 
「ちょっとね、でも平気よ、お姉さんテレビでも裸になってるでしょ」 
「……うん」 
五月はみみのアナルを指先で触り始めた。 
「やあん、駄目よくすぐったいわあ」 
「ははは、アイドルって子供のおもちゃか、まあ俺にとっちゃ肉便器だけれどな」 
男は腰を使いながら、愛液を指先ですくうとアナルに塗りこんだ。 
「おじょうちゃん、ここに指を入れてごらん、もっと面白いよ」 
「だっ、駄目です! そんな事教えちゃ」 
それでも五月の人差し指がみみのアナルに入ってくる、みみはやんやんと言いながらお尻を振った。 

そこへ母親が人ごみをかき分け、あわてて駆け寄って来た。 
「ごめんなさいね、この子、邪魔しちゃったかしら、駄目でしょお尻に指なんか入れちゃ」 
「い、いいえ、あん、あふん、へ、平気です」 
「ねえ、ママ、みみちゃんよ、みみちゃんよ」 
「まあ、ほんと、うちの娘、毎日テレビでみみちゃんを応援しているのよ」 
母親もみみと男が繋がっている所をどきどきしながら眺めている。 
「うん、五月もアイドルになるの、みみちゃんと一緒にテレビに出るの」 
「ほ……ああんっ! 五月ちゃんならきっとなれるわ、頑張ってね だめだめ、お願いそんなに突かないでえ!」 
「うん、五月と一緒にお歌をうたおうね」 

五月は母親に手を引かれ、名残惜しそうにみみのほうを何度も振り返りながらその場を去っていった。 

「へへへ、今の子、十年も経てばこうしてお○んこ晒すのかもな、俺のチ○ポをおねだりしてな」 
「……」 
みみは四つんばいになり男を受け入れながら、頬を石畳に付け立ち去っていく親子を見つめていた、あの子なら可愛いから学園に入れるわ……そして私達と同じ調教を受けるのかな……と考えながら。 

さゆりもお尻を高く上げ、切ないあえぎ声を出していた。 
「その声もいいなあ」 
「ああん、こ、声だけですか」 
もう、いくら私が声優だからって、声だけって事無いよね、きゅってして、いい気持ちにしちゃうんだから。 
「ううっ、ちがうちがう、ここも……じゃない全部可愛いよ」 

その時遠くから手を振る一団が見えた。 
どこから見ても、大きなお友達の集団だった。 
近寄ってきた彼らは大はしゃぎだった、そして皆が四つんばいになっているさゆりに話しかけた。 
痩せぎすでケミカルウォッシュジーンズをはいた男が 「あのお、本当に我那覇さゆりさんなのですか」 とおそるおそる尋ねてくる。 
「は。はい」 
「あ、あの、妹役よかったっす」 
両手に紙袋をぶら下げ、長髪を七三分けにしているスーツ姿の男が 「お兄ちゃんのベッドにもぐりこんで……あの、お……おち○ちんしゃぶる場面なんか、つい抜いちゃったです」 とまくし立てた。 
「あ、ああん、有難うございます」 
メタルフレームの眼鏡をかけた大柄の男がたずねた。 
「つ、次、お願いしていいですか」 
「えっ、ええっ、どうぞお試し下さい」 
さゆりは、この人達私の大切なファンなんだ、たっぷりサービスしなくっちゃと考え膣○をきゅっと締めるのだった。 

さゆりは次から次へとのしかかってくる男達に、コンドームの使い心地を試させるのだった。 

みみにも、途切れることなく男が挑みかかる、そしてコンドームの使い心地を試していった。 
やがて二人の回りには、使用済みコンドームの山が出来た。 

二人はお尻を高く上げながら、男達に聞こえない様、顔をくっつけ小さな声で話し合っていた。 
「ねえ、みみ何だか物足りないわね」 
「うん、こんなにお○んこ使われているのにぜんぜん汚れてないの、とっても変」 
「でも数こなす時っていいかも、だって膣○が疲れないもん」 
「やだよう、もっと感じたいなあ」 
「でも、最後には……」 
「えっ?」 
「すぐ分かるわよ、私にまかせて」 

やがて、用意されていた段ボール箱一個分のコンドームが無くなる時が来た。 
しかしまだ沢山の男達が残っている。 
「すいません、もうコンドームが無いんです」 とみみ。 
「そりゃ無いよ、ずっと待ってたんだぜ」 
男達は不満を口にした、みみはひたすら謝っている。 

さゆりはみみにウインクをした、そして大きな声でこう言った。 
「では、私達のお○んこを生でお使い下さーい」 
男達の中から歓声が上がった、みみも心の中で小さな歓声を上げた、やっととどめを刺してもらえると、でも学園の言いつけを守らないとお仕置きかな、でもいいや…… 

いつの間にか、夜の帳があたりを包んでいた、観覧車にはネオンが点り、昼間の遊園地の明るく開放的な雰囲気ががらりと変わり、恋人達の妖しい熱気があたりを支配している様だった。 
その中で、いつ果てるとも知れない性交ショーが繰り広げられていた。 
みみが大きな声で叫んでいる。 
「ああっ、やっぱり生が最高よ」 と……