SAYAKA@LaZoo|逆レ●プ体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

SAYAKA@LaZoo

投稿日時:2010/08/26 23:11カテゴリ:逆レ●プ体験談

SAYAKAは女子高に通っている。朝、母の聖子にされた浣腸のせいでお○がぐるくるなっている!(うぅ…お母さんのいじわる〜)
と思っていると体育の授業になりSAYAKAはブルマに着替えた!お腹は冷えますます痛くなってくる。今日はマラソンだ!先生は「びりのやつは校庭10周だぞ」
と言いSAYAKAは必死になって走ったがこけてしまった。そこでついに洩らしてしまったのだ。「みないでぇ」

SAYAKAのブルマはげりグソと小○でグチョグチョになっている。
『せんせぇい、さやかちゃんがおもらししてます』

「アイドルだからって先生は甘やかさないぞ!立ちなさい」

さやかは友達の前にたたされ、茶色く○レたブルマ姿で、着替えを命じられた。
まわりの男子の目がさやかの白いパンツに集まる。
今日は自分でも気に入っている、小さなリボンのついた、かわいらしいパンツだ。
自分のう○ちで汚してしまったことと、みんなに見られている恥ずかしさから、さやかは泣きだしてしまった。だがまだすべてのウン〇が出たのではなく腹の中には〇秘で溜まった物がたくさん詰まっている。休み時間になりト〇レで残りの物を出してこようとしたが女友達に「ウ〇チ漏らしても気にする事ないよ」
等と励まされている内に行けなかった。休み時間になりト〇レで残りの物を出してこようとしたが女友達に「ウ〇チ漏らしても気にする事ないよ」
等と励まされている内に行けなかった。次の授業が始まり先生に言ってト〇レに行こうとしたが自分と仲良しの子が行かせてと頼んで「休みの内に行ってきなさいよ…せめて終わり近くまで我慢しなさい」
と言われあきらめた。が…SAYAKAのお腹は限界がきている。(はあぅ…は…早くしないと漏れちゃうよう)
しかし友達がト○レに行ってしまいSAYAKAも頼んだがさぼると思われたのか行かせてもらえなかった。SAYAKAは自分の指をアナルに突き刺しアイをとめている。しかしついに限界がきてしまった…(ぶりぶりぶりービチョビチョ)指はアイまみれになってしまった。
「SAYAKAはどうしてそんなに哀を洩らせるの?信じられないよ」
と友達に言われ先生は「その○くて汚いルーズで拭きなさい!しかたないからアイまみれのブルマを履いて過ごしなさい!変態のアイ好き女」

だがSA〇AKAはまだ全て出しきったのでは無く〇意の第三波がきてしまった。
『また…でもここでト〇レに行くと何を言われるか…』
SA〇AKAは必死に耐え様とお腹を押さえているだが一人の女生徒が「まだSA〇AKAがウン〇したいって」
と大きな声で言った。すると教室中に笑い声が満たされた。「あんなに出したのにまだしたいのぉ〜」
とか「一体どれだけお腹の中に汚い物を溜めてるの」
とか生徒から罵声を浴びせられたそして先生が「仕方がないわね…これ以上教室にウン〇のニオイが充満させるのも困るから行ってきなさい」
その言葉を聞き急いでト〇レに向かおうとしたが動くとア〇ルからウン〇が漏れてしまいそうだった。「あーもう誰かト〇レに連れて行ってあげて」
そして2人の女生徒に付き添われてト〇レに着いた。「ありがとうございました…もうここでいいです」
「何言ってるの?漏れそうなんでしょ…最後まで面倒見るわよ」
そう言われ2人は無理矢理個室に入ってきた「いやっ…出ていって」
「漏れそうなんでしょ…私達の事は気にしないでさっさと出しなさいよ」
そしてブルマを脱がせられウン〇まみれの汚い尻が露わになった。
「嫌ぁ〜っ」
カシャン。
女生徒が後ろ手で個室の鍵を閉める。
「きちんと拭かないとね。ほら、足上げて」

無理矢理2人にM字開脚にされるSAYAKA。
「ヤダ、止めて〜っ!恥ずかしい」

必死の哀願も2人の耳には届かない。汚物まみれのブルマと下着はト○レ(水洗)の中へと落ち、晒し物となったマ〇コとア〇ルの二穴は、汚物が綺麗に拭き取られ、2人の女生徒は興味深そうにそれぞれの穴に指を突っ込む。
「あ゛…………あ゛……」

SAYAKAのだらしない声をあげる姿に、2人はなおも面白そうに指をかきまぜる。
キーンコーンカーン…
「あ…チャイムだ」
「休み時間になったじゃない…早く出しなさいよ」
マン〇の方は抜かれたがア〇ルの方に入れた指はさらに深く挿入された「や…止めてぇ…うっ」
「あっウ〇チに触れたみたい…すごく堅い」
そして指は抜かれた。抜かれた指には少量のウン〇が付着していた。「うっクサイ…あんたの中にあった物でしょ」
そう言いその指を口に入れられ綺麗にさせられた。口の中にはウン〇の味が広がったがそれ以上に今アナ〇を刺激されたためウン〇が出口付近まで来てしまっている。「プッ…プスッ…ブゥ〜」
SA〇AKAのお尻からリズミカルにオ〇ラが放出されている「いっ…嫌ぁ〜っ」
「はっ…早く出っててよ…出…出ちゃうよぅ‥」
とSAYAKAはもう限界がきている。
「じゃあ出しなよ!私たちがみてるからさ」

とアナルに指を入れ、そしてもう一人の女子高生はルーズの脚でお腹を押している。
「早く出せよ」

と言われ、お腹をおもいっきり押され、SAYAKAはついに洩らしてしまった。SAYAKAのウン○は女子高生の制服にぶっかけてしまった。
「どうするのよ!SAYAKAのせいでウン○まみれになっちゃったよ。この○いアナルからでてきたウン○のせいでさ」

と言うと「SAYAKAに舐めて綺麗にしてもらえば?」

ともう一人の女子高生が言った。「SAYAKA!舐めて自分のウン○を拭き取りな」

と言いSAYAKAはウン○のついた制服を舐めはじめた。
「よしよし、綺麗になったな!でも制服汚いからSAYAKAのとかえるね」

と言い制服をかえて戻っていった。SAYAKAは自分が友達にかけてしまった汚い制服を着て教室に戻った。
「SAYAKA大丈夫?」

と友達が近くにくるが皆「くさいよ、SAYAKA」

と言いみんなから離れてしまった。SAYAKAはもうウン○女として学校で知られ、学校の外でも「あっ、ウン○女だ!ウン○かけていい?」

と言われてしまい、「違います!私はウン○女なんかじゃない」

といつも言う。か結局SAYAKAはウン〇ちゃんと呼ばれる事になった。そしてその事件から数週間後その事件の日からずっと〇秘だった。正確には学校では何度も催したのだがその事の影響で出来なく休日は仕事で〇剤を服用出来ず(浣〇はあの日からずっと拒否していた)SAYAKAのお腹の中にはまた大量のク〇が溜まっていた。そしてまたSAYAKAは〇意を催した。
『また来たっ…何でこの女先生の授業でいつも催すの…うっ』
「プスッ」

『あっ…』
 SAYAKAは周りを見回したがオ〇ラに気づいた人はいなかった…一人を除いて。その女子高生はかなりのギャルで金髪にルーズソックスを履き上履きの後ろをを踏んでいる子だ。「やっぱあんたはウン○女なんだね。オ○ラ聞こえたよ。あとで話があるから昼休みに屋上の階段にきなよね」

と言われた。SAYAKAは断ることはできずしかたなく屋上に向かった。するとクラスメートのギャルがすでにいて、手には浣腸と利尿剤を持っていた。
「よくきたね。SAYAKAにはいらないかもしれないけどこれ使って午後の授業受けてよ」

と言われなすすべなく利尿剤を飲み、浣腸をアナルに入れた。
「もうばらさないで!私はウン○女なんて言われたくない」
『よかった…何とか誰も気づいてないみたい…』
だがオナ〇によって生じたニオイは後ろの方に漂い一人の女生徒を目覚めさせた
『…うっクサッ…またウン〇ちゃん催したのよ〜し…でもクサすぎる』
その女生徒はクラス中の女子にウン〇ちゃんが催している様だと伝え絶対ト〇レに行かせるなと指示を出した。女子高生は「これで今日何もなかったらなかったこてにするよ。途中でト○レに行ってもダメだからね」

と言った。SAYAKAは(今日我慢すれば普通の学園生活ができる。)と思っていた。がそれは不可能なことであった。午後のいつもの女先生の授業が始まり、SAYAKAはすでにでそうでペンをアナルに突っ込んで授業を受けている!『そうやってウン〇を漏らすのもいいけどやっぱり自分で漏らさせる方がいいかも…つい最近まで一般人だったのに芸能人になったら私はあなたたとは違うみたいな顔しちゃって』
この女子生徒はさやかが〇意を催していると分かりどうしたらさやかに一番ダメージを与えれるか考えていたのだ。そしてさやかにウン〇を漏らさせる作戦が始まった。休み時間はさやかをトイ〇に行かせない様に話かけたり授業中は誰かを常にト〇レに向かわせ行かせない様にした。SAYAKAはもう限界に近く、ペンを全部アナルに突っ込んで洩らさないように頑張っている。(芸能人が洩らしたりしたらもう芸能界でやっていけないわ)そして授業が終わった
『もう我慢出来ない…しかたが無いト〇レに行こう』
と席を立とうとした時後ろの女子に声をかけられた。
「あなたさっきオ〇ラしたでしょ…大声で言われたくなかったらついてきて」
と小声で言われしかたなくついていった。
「何ですか」
「何って決まっているじゃない…せっかく気持ちよく寝ていたのにアナタのクッサ〜イオ〇ラのせいで起きちゃったのよ」
「ごめんなさい」
「しかもその後お尻にペンまで入れて…オ〇ニーでもしてたの」
「私…そんな事してません」
「してないなら」

女は素早く後ろに回り込みパンツを脱がした「きゃっ」
「ア〇ルに突き刺さってるこれは何」
「そ…それは」
「私を起こして自分は気持ちよくなっていたの…こんな物」
女はサヤカのア〇ルに入れてあるペンを抜いた「あぁっ…ブッ…ブゥ〜ッ」
ペンを抜かれたせいでサヤカのア〇ルからオ〇ラが放出された「うっクサ〜イ」
「いやっ」
「黙ってほしかったらお金ちょうだい」
サヤカは有り金全部女生徒に渡した。
「あと変な動きしたら今度は大声で叫ぶよ」
「はい分かりました」
「あとあなたウ〇チいったいどれだけ溜まってるの」
サヤカは黙っている「早く答えなさい」
「…一ヶ月近く出てません」
サヤカは顔を赤くし答えた「そ…そんなに…じゃあ学校のト〇レでしないでよト〇レ中○くなっちゃうわ…まぁまたウン〇ちゃんって呼ばれたいならいいけど」
女は笑いながら去っていった。
『またあの名前で呼ばれる何て…でももうお尻が限界よ』
サヤカは急いでト〇レな向かった。ト〇レに着きほっとしたが中に入ると中にはたくさんの人が順番を待っていた。
「う…嘘っ」
(こんなに我慢できないよ。ウン○早く出したい!ぶりぶりいやらしい音をだしてウン○をひねりだしたいのぉ)と思った新たにト○レをさがしに行った。するとさきほどの女生徒がいて「ウン○は洩れちゃうんじゃない?これがあれは洩らさないわよ」
とアナルストッパーを目の前に出した。
「私の言うことをきけば貸してあげるわ」

と言いSAYAKAは「借ります。何でも言うことききますぅ」

と言ってしまった。女生徒は「じゃあまず私のルーズソックスを口に入れて味わいなさい。もちろん鼻でにおいもちゃんと嗅ぐのよ。1週間履き続けたからきついかもね」
そしてルーズソックスを鼻に押し当てられた。ルーズソックスは異様なニオイを放っていた。
「ゲホッ…ク…クサイっ」
そう言うと女生徒は不機嫌な顔をし「さっきのアナタのしたクッサ〜イオ〇ラに比べたらまだましよさ早く私のを味わいなさい」
サヤカはルーズソックスを口に頬張った口の中にもの凄い味が広がっていく「ウグッ…ゲホッ」
ルーズソックスを吐き出した。
「嘘っ本当にしたの」
「お願い早く借して」
「何の事?」
「アナルストッパーよ。アナタが持ってたやつ!早く出してよ」
と言うが「何のこと?私は何も持ってないわよ」

と言われSAYAKAはもうすぐにでもでてしまいそうだ。「このルーズソックスをアナルストッパー替わりにすればいいじゃない」

と言いSAYAKAのアナルへくさいルーズソックスを入れていった。「と言うのは冗談よ」
女生徒は先っぽだけ入ったルーズソックスを抜いたそしてそこに付いたウン〇を嘗めて綺麗にしろと要求した。サヤカは要求を受け入れ付着したモノを嘗め取った。そしてチャイムが鳴った。
「お願い貸して…授業が始まるわ」
「嫌よっ…それより早く教室へ行かなくっちゃ」
女生徒はサヤカの手を取り教室へ向かった。
「本当にお願い貸し下さい…じゃないと授業中に漏らしちゃう」
「じゃあ漏らしちゃえば…あっそうだト〇レに行ったら気づかなかったかもしれないけど前アナタが漏らした時デジカメで撮った物をサイト上で公開するわ」
「そ…そんな」
「でも授業中に漏らすならかまわないわ」
 そんな時ハッと目が覚めたSAYAKAは今までのが夢であることにホッとした。そして少しお○が空いていたSAYAKAは料理をしようと台所へ下りていった。すると台所で聖子が真っ黒い服を着た男に犯されていたのだ「んっはぁ〜いやっ」
聖子は必死に逃げようとするが気持ちよさもあり力が出ない…男は乳首をやさしく噛んだり舌でつついたり吸ったりジュルジュルと音が響いた、SAYAKAは自分で乳首をいじっている事に驚いたがアソコも熱くムズムズしてくるのを感じた…《ママ気持ちよさそう…》そして乳首がコリコリになってきた時おもわず出た声に男は気付いた。