朝顔みたいに|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

朝顔みたいに

投稿日時:2005/04/09 17:26カテゴリ:学校での体験談

俺は中学の時、剣道部に所属していた。 
運動部のほとんどが男女別だったが、剣道部だけは何故か男女一緒だった。 
実力的は平均的には男子の方が上だったが、女子に一人強い子がいた。 
その子は小さい頃からやってて、一学年上の先輩でも勝てる人は僅かだった。 
一学期が終わり、先輩達が引退すると、2年男子で一番強かった俺が部長にさせられた。 
最初は順調にいっていたのだが、次第にその強い女子の方が発言力が強くなっていった。 
元々少なめだった男子部員は更に出てきにくくなり、女子は15.6人なのに男子はいつも4.5人だった。 

ある夏休みの部活の日。 
練習を終え、体育館を掃除していると、1年の男女間で口喧嘩が始まった。 
原因は女子が掃除の時、体育館の向こう半分を使っている新体操部の女子と話をして、掃除をしないことに男子が文句を言ったことらしかった。 
激しくならないうちに止めようと思っていたら、その前に喧嘩になった。 
止めに入った俺も巻き込まれ、男子vs女子の形になってしまった。 
その日は男子は俺と、1年が3人の計4人。 
一方女子は全部で12人くらい。更に何故か新体操部も加わり全部で20人くらいはいた。 
女子に手を上げることに躊躇いがあるこっちとは違い向こうは容赦無く叩いてくる。 
竹刀まで持ち出して叩かれつづけ、俺たちは体育館の隅に追いやられた。 
女子は軽く叩いているつもりでも、竹刀で叩かれると予想以上に痛い。 
背中や尻を何度も叩かれた。 
俺はどうにか止めさせようとしたが、顔面に竹刀が直撃し、あまりの痛さに涙がこぼれそうになった。

「あれ?先輩が泣いてますよ」 
「アハハ、○○(俺)が泣いてる〜」 
「剣道は弱いし、喧嘩も弱くて情けな〜い」 

俺が涙を滲ませているのを皆が面白がっていた。 
女子達の加虐心に火がつき、もっと俺をいたぶろうと竹刀の先で俺の身体を突いたりしてきた。 
俺は丸くなって耐えていた。 

「男だったら反撃してこいよ〜」 
「涙流してまるで女みたい」 
「本当は女なんじゃないの〜」 
「アハハハ、そうかもしんない。確かめてみる?」 

誰かの喋った言葉に女子全員が賛成して歓声を上げていた。 

俺たち男子4人は体育館の隅でストリップをするはめになった。 
もちろん嫌だったし抵抗したが、竹刀で叩かれると従うしかなくなる。 
俺たちは女子に見られながら上着とズボンを脱いだ。 
パンツ一丁の惨めな姿にされた。 
女子が竹刀で身体を突ついたりして急かすが、さすがにパンツは脱ぐことが出来ない。 
チンチンやお尻を何度も突つかれ笑われ、俺は何も悪くないのに何度も謝った。 
女子も飽きたのか、お尻を一回強く叩くだけで終わりにしてやると言った。 
竹刀は痛いが、パンツを脱がされるよりはいい。 
俺たちは壁に手をつきお尻を突き出した。 
竹刀で叩かれる時を俺は目を瞑って待った。 
そしたら、突然俺のパンツが捕まれ一気に降ろされた。 
気付いたときには遅く、隠そうと屈んだ時に体勢が崩れ転んでそのままパンツを抜き取られてしまった。 
他の男子も皆パンツを取られ素っ裸にされてしまった。 
俺はチンチンを隠すように両手で覆ったが、竹刀で突つかれ払われついに見られてしまった。

「あ〜、見えた〜」 
「○○のチンチンって小さ〜い」 
「1年の方が大きいんじゃない?」 
「てか、これって包茎じゃん」 
「朝顔みたいにしぼんでる〜」 
「ほら、ここに並んで見せてよ。誰のが大きいか比べてあげるから」 

衣服を全て取り上げられ、女子の言うことに従わざるをえなかった。

俺たちは4人並んで立たされた。 
両手は背中で組んでたのでチンチンは丸見えだった。 

「4人とも皆小さいよね〜」 
「でも1年はみんな剥けてるよ」 
「お子様チンチンは一人だけじゃん」 

屈辱的なことに1年は皆剥けてたのに俺だけが包茎でした。 

「よく見て。これが皮かむりの包茎チンチンよ」 
「1人だけ包茎なんてホントに情けないよね」 
「こんなチンチンじゃあ、男っていえないわ」 
「でも大きくなったら剥けるかもよ」 
「やだ〜、エッチ〜」 

女子達は笑いながら俺のチンチンを竹刀の先で突ついた。 

「ねえ、皆で大きくして見せてよ」 
「いつも夜にやってるみたいにさ」 
「一番最初に大きくした人は許してあげる」 
「てか、セーエキ出るとこ見せなよ」 
「やれやれ〜」 

もう俺は反抗する気にもなれなかった。 
女子に言われるままに、皆に見られながらオナニーをした。 
いままで騒いでいた女子達が急に静かになったのがおかしかった。 
俺は女子の前で達し、体育館の床に精液を撒き散らした。 
他の男子も同じだった。 
その後、女子全員にチンチンを飽きるほど観察され、またオナニーさせられ、最後に床の精液を自分のパンツで拭きとって、やっと解放された。
<