( ^ω^)とξ゚?゚)ξが愛のあるセクロス..|レ●プ体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

( ^ω^)とξ゚?゚)ξが愛のあるセクロス..

投稿日時:2010/08/10 01:20カテゴリ:レ●プ体験談

8 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:07:13.95 ID:xxJ4cqMp0 

ξ゚?゚)ξ「ブーンと千台ね・・・」 

ブーンとの電話を切ってバスに乗り込んだツンは、先ほどの会話を思い出していた。 
まさかブーンと千台へ行くことになるとは予想外だった。しかもブーンから誘われるなんて。 

ξ゚?゚)ξ(まぁ、一番いいカタチになったのかも) 

本当はチケットを売りつけるのは心苦しかったが、他に良い方法が思いつかなかった為、 
相談も兼ねてブーンに電話をしたのだ。 
予想外の事態にはなったものの、お互いが納得できる形に落ち着けて、ツンはとても安心していた。 
9 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:08:39.38 ID:xxJ4cqMp0 

ξ゚?゚)ξ(・・・二日休み取るってことは、一泊するってことだよね?) 

ブーンとは今まで二人きりで数え切れないほど遊んだ。 
しかし、さすがに一泊してどこかへ出かけたことは一度もなかったのだ。 
いくら恋愛感情がないとはいえ、男女が一泊の旅行をするのには、やはり抵抗があった。 
勿論ホテルの部屋は別にするつもりではあるが、恋人同士でもないのに一泊旅行をするのは常軌を逸しているのではないか? 

ξ-?-)ξ「う〜〜〜〜〜〜〜ん・・・・・・・」 

コンサートは18時に開演で、終了予定時刻は21時だ。 
確かにブーンの言う通り、コンサートが終わった後に帰るのはバタバタしそうだし、 
せっかく千台に行くのならのんびりとしたい。 
それなら思い切って一泊した方が、千台を満喫できるだろう。 
12 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:10:19.87 ID:xxJ4cqMp0 

ξ゚?゚)ξ(まぁいっか。いつもみたく遊ぶ延長だと思えば) 

ブーンとは気心の知れた仲だし、気を遣わなくて済むから心から楽しむ事が出来そうだ。 
そう考えると、なんだか旅行がすごく楽しみになってきた。 
ツンは携帯を取り出し、5月×日のスケジュールに”千台チェミストリー withブーン”と登録した。 
18 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:12:34.29 ID:xxJ4cqMp0 

翌日、ブーンはいつものように家で暇を持て余していた。 
夕方になって洗濯物を取り込もうとしているところへ、ツンから電話がかかってきた。 

ピピルピルピピ〜♪ 

ピッ 
( ^ω^)「もしもしだおー」 

ξ゚?゚)ξ「あー、ブーン。今電話大丈夫?」 

( ^ω^)「大丈夫だお。休みの件はどうなったお?」 

ξ゚?゚)ξ「休み取れたよー。×日と、その次の日。 
      私、学校あるから土日で休み取ったけど、あんた大丈夫なの?」 

( ^ω^)「大丈夫だお。多分休みもらえるお」 
25 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:15:56.99 ID:xxJ4cqMp0 

ξ゚?゚)ξ「そっか、じゃあ土日で千台ね。 
      ところで交通手段なんだけどさ、一泊するなら、新幹線よりも高速バスがいいな。 
      そっちの方が安いし」 

( ^ω^)「わかったお。じゃあ、バスとホテルの予約は俺がするお」 

ξ゚?゚)ξ「え?いいの?」 

( ^ω^)「ツンがチケット用意してくれたからいいんだお」 

ξ゚?゚)ξ「そっか、じゃあよろしくね」 

ブーンは平静を装っていたが、内心とても興奮していた。 
といっても性的な興奮ではなく、遠足前日の小学生と同じような、楽しみで仕方がないといった類の興奮だった。 

この後、具体的な出発時間と、ホテルの場所などを話し合い、電話を切った。 
これでツンとの旅行が決定した。 
29 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:18:53.25 ID:xxJ4cqMp0 

ゴールデンウィークに突入したある日、ブーンはいつものようにギコの下で働いていた。 
自販機の補充の際の車での移動時間は長い。近隣の町村へ、車で一時間くらいかけて補充に行く時もある。 
もはや移動中はドライブ気分で、よく二人が好きな音楽をかけて移動していた。そして昼食はいつもギコがご馳走してくれた。 
ギコはその営業所で所長の次に偉いらしく、仕事もできることから給料も結構もらっているらしい。 
独身で特に物欲もない為、お金が余って仕方ないのだと、笑って話していた。 

この日も同様に、補充に訪れた隣の町の道の駅でラーメンをご馳走になっていた。 

( ^ω^)「ギコさん、今度休みが欲しいお」 

( ゚Д゚)「お?いつ?」 

( ^ω^)「5月×日と△日だお・・・」 

( ゚Д゚)「いーよ」 

(;^ω^)「え!?土日だけどいいのかお?」 

( ゚Д゚)「別にGWの繁忙期過ぎれば俺一人でもなんとかなるし。 
    たまには休め。届けは出しておく」 

( ^ω^)「ありがとうございますお!」 
35 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:22:24.25 ID:xxJ4cqMp0 

( ゚Д゚)「ところで何すんの?」 

( ^ω^)「チェミストリーのコンサートに行くんだお」 

( *゚Д゚)「マジ!?いいなあああああああ!!!!!」 

ギコはチェミストリーがとても好きで、二人が親睦を深めたのも、チェミストリーの話題がきっかけだった。 
仕事中もチェミストリーの話題が出るし、車での移動中のBGMもほとんどがチェミストリーだった。 

( *゚Д゚)「×日ってことは千台?」 

( ^ω^)「そうだお」 

( *゚Д゚)「うわあああああ俺も行きたかったあああああ!!!!! 
    感想とか聞かせてくれ!!!!!」 

(*^ω^)「わかったお」 

まさかこんなにも簡単に休みを取れるとは思わなかった。 
しかも、自分がチェミストリーのコンサートに行くのを喜んでくれているみたいで、すごく嬉しい。 
40 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:24:12.39 ID:xxJ4cqMp0 

( *゚Д゚)「チケットどうしたの?お前ファンクラブに入ってたっけ?」 

( ^ω^)「友達が知り合いから買ったらしいお。その友達と行くお」 

( *゚Д゚)「そっかあ!!良かったなあ!!!! 
    しかも一泊か!!!楽しんでこいよ!!!!!」 

(*^ω^)「お土産楽しみにしてて下さいお」 

ギコが、そうかー千台ねー、と言いながらタバコに火をつけた。 
そして、興奮した様子で”やっぱり生歌も上手いのかなぁ”とか、”チェルチーの歌歌うかなぁ”などど話し始めた。 
ブーンもその話を嬉しそうに聞く。チェミストリーの話をする時のギコは、まるで子供のように無邪気だ。 
きっと相当好きなのだろう。 
47 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:27:18.64 ID:xxJ4cqMp0 

昼食を取り終え営業所に戻る車の中で、ギコがチェミストリーの歌を口ずさみながらブーンに話し掛けた。 

( ゚Д゚)「そういやお前彼女とかいねーの?」 

( ^ω^)「いないお」 

( ゚Д゚)「そっかー。好きな女とかは?」 

( ^ω^)「好きなコもいないお」 

( ゚Д゚)「ふーん」 

( ^ω^)「・・・・・でも、ずっと近くにいるコはいるお」 

ブーンの脳裏に、ツンの笑顔が浮んだ。 
ツンのことはもちろん好きだ。でもそれは恋愛対象としての感情ではない。 
もっと、ずっと大切にしていきたい、そんな存在だった。 

ドクオへ対してのそれとは、また違った感情ではあるが・・・。 

51 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:28:58.16 ID:xxJ4cqMp0 

( ゚Д゚)「好きなんじゃねーの?」 

( ^ω^)「好きとは違うけど・・・・大切な友達だお」 

( ゚Д゚)「ふーん」 

ギコはタバコをくわえ、再びチェミストリーの歌を口ずさんだ。 
ブーンはとても恥ずかしくなった。こんな話、ドクオともしたことがない。 
ブーンは恥ずかしさを隠しつつ、昼食で立ち寄った道の駅で買ったヨーグルトの蓋を開けた。 
61 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:33:17.32 ID:xxJ4cqMp0 

その後少し会話をしたところで、ジュースと雑誌を買い、ホーソンを後にした。 
旅行まであと十数日。旅行のことを考えると、自然と足取りが軽くなる。 
綺麗な星空を眺めながら、ブーンはツンとの旅行に思いを馳せていた。 

( ^ω^)(ツンは方向音痴っぽいから、ちゃんと下調べするお。 
      ホテルはやっぱり駅に近い方がいいかお。ご飯は・・・) 

旅行のことを考えると思考が止まらない。こんなにわくわくした事が今まであっただろうか。 
その日ブーンは、遅くまで旅行雑誌を見ていた。 
64 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:34:51.94 ID:xxJ4cqMp0 

翌日、ブーンは高速バスのチケットを買いホテルの予約をし、旅行への体勢は万全となった。 
あとは当日が来るのを待つのみだ。 

(;^ω^)「そういえばツンと会うのもすごく久し振りだお!!!!」 

ただならぬ緊張がブーンを襲ったが、旅行への興奮でそれはすぐに掻き消された。 

そして旅行前日―。 
ブーンはバッグに着替えを詰め込み、旅行の準備をしていた。 
そしてコンサート会場の場所の確認をする為に旅行雑誌を開いているところへ、ツンから電話がきた。 

ピピルピルピピ〜♪ 

ピッ 
( ^ω^)「はいおー」 

ξ゚?゚)ξ「あ、ブーン?準備進んでる?」 
66 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:36:31.28 ID:xxJ4cqMp0 

( ^ω^)「万全だお。早めに寝て明日に備えるお」 

ξ゚?゚)ξ「もー、私今バイト終わって帰ってきたから、今から準備しないといけないよー」 

( ^ω^)「寝坊したらおいてくおwwwwwww」 

他愛もない会話がはずんでいく。 
ツンも旅行が楽しみなのだろうか、声がいつもより明るい気がした。 
15分ほど話した後、明日の待ち合わせ場所と待ち合わせ時間を確認し、 
明日の朝はお互い起きたらメールを入れ、もしメールがない場合は電話をして起こす約束をし、電話を切った。 

そしてブーンは明日着る服を用意し、目覚まし時計をセットしてベッドに入った。 

( ^ω^)「楽しみだおwwwwwwwwwwwwwwww」 

部屋の電気を消し、睡眠体勢に入る。 
ツンは今日は何時まで起きているつもりなのだろうか。ツンは明日はちゃんと起きれるのだろうか。 
ツンはどんな格好で来るのか。 
そんなことを考えながら、眠りについた。 
72 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/05(金) 00:37:38.94 ID:xxJ4cqMp0 

翌朝、ブーンは目覚まし時計の音で目が覚めた。 
ベッドを飛び起き、すぐさまツンにメールをした。 
そして眠い目をこすり、洗面所へ向かい顔を洗った。 

朝食を取り終え、歯磨きをしているところへ、ツンから、メールが届いた。 

『from:ツン 
 件名: 
 本文:おはよー。ちゃんと起きてますよ。 
    ではではのちほど。         』 

( ^ω^)「うはwwwwwww楽しみだおwwwwwwwww」 

ブーンはその後全ての準備を済ませ、かつてないほどの高揚感を抱いたまま家を出た。 
319 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:12:24.25 ID:2yAjlkqa0 

( ^ω^)「うはwwwww早く来すぎたおwwwww」 

場所は高速バス乗り場の待合室。8時10分に出るバスに乗るため、待ち合わせ時間は余裕を持って7時50分。 
しかしブーンは7時過ぎにバス乗り場に着いてしまった為、待合室のベンチに座ってコーヒーを飲んでいた。 
本当は7時40分くらいに着く予定だったが、興奮の為かそわそわして落ち着かず、予定よりもかなり早く家を出てしまった。 

何もすることがない。コーヒーを口にしながら時計を見ると、まだ7時10分を少し過ぎたところだった。 
ツンに、待合室に着いたとメールを打とうか?いや、それではツンを急かしてしまうかもしれない。 
やはりツンが来るまで黙って待っていよう。 

待合室の壁際にある什器には、日本各地への旅行プランのチラシがたくさん並べてある。 
ブーンは、東京方面のプランのチラシを何種類か取り、ベンチに座って眺めていた。 
324 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:14:21.50 ID:2yAjlkqa0 

10分ほど経ったところで、ドアが開く音がし、ブーンの足元に風が入り込んできた。 
ブーンはチラシへ向けていた目をドアの方へ向けた。 

ξ゚?゚)ξ「・・・・あれっ。ブーン、もう来てたの?」 

(;^ω^)「!!!!!ツン・・・!!」 

待ち合わせより30分も早く、ツンは待ち合わせ場所へ現れた。 
ツンはドアをそっとしめ、ブーンのもとへ駆け寄る。 

ブーンはツンを見て息をのんだ。 
五分袖の真っ白のブラウスに、大きな花柄がプリントされている淡いピンク色のロングスカート。そしてヒールのサンダル。 
髪はいつものツインテールではなく、左耳の下あたりにひとつにまとめて結わえてある。 
急に女らしくなったというか、とても大人びて見える。そんなツンがやけにまぶしく見えた。 
327 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:17:05.72 ID:2yAjlkqa0 

ξ;゚?゚)ξ「いやー、びっくり。まさか私より早く来てるとは」 

ツンはスカートをふわりとなびかせ、ブーンの隣に腰掛けた。 
ブーンは思わず身をのけぞらせた。 

(;^ω^)「しばらく見ないうちに大きくなって・・・・」 

ξ゚?゚)ξ「身長は伸びてませんけど。もしかして皮肉?」 

(;^ω^)「ツンがロングスカート履いてるの初めて見たお」 

ξ゚?゚)ξ「あー、こないだ買ったんだけど、なかなか着る機会がなくてね」 

そう言ってツンは携帯の画面を見た。 

ξ;゚?゚)ξ「バス出るまで50分くらいあるね・・・・」 
328 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:17:41.11 ID:2yAjlkqa0 

早く来すぎた、と言ってツンはバッグからミネラルウォーターを取り出した。 
キャップを開けて口へ含んだあと、そのボトルをベンチに置いた。 

ξ゚?゚)ξ「なんかさ、余裕持って来なきゃって思ってたら、こんなに早くなっちゃった」 

( ^ω^)「俺もだお。俺は7時過ぎに来たお」 

ξ;゚?゚)ξ「えっ、それは随分早いね!」 

こうやって直接会って話すことに、少し抵抗があった。 
あまりに久し振りだから、うまく話せるか分からなかったからだ。 
しかし実際ツンに会って、そんな不安はすぐに吹き飛んだ。 
330 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:20:22.12 ID:2yAjlkqa0 

ξ゚?゚)ξ「ねぇ、ところでバスのチケットはちゃんと持ってきたの?」 

( ^ω^)「持ってきたお、はい」 

ブーンは財布の中から高速バスのチケットを取り出し、ツンに見せた。 

ξ゚?゚)ξ「ありがとー。悪いね、取ってもらっちゃって」 

そう言ってツンはチケットを手に取り、バッグに入れようとした。 

( ^ω^)「チケット返してくれお。俺があずかるお」 

ξ゚?゚)ξ「え?なんで?」 

( ^ω^)「ツンが持ってるとなくしそうだおwwwwwwwww」 

ξ゚?゚)ξ「何それー!あんたって本当に失礼な男だよねー」 

ツンは頬を膨らませた後、万が一のこともあるからね、と笑って、バスのチケットをブーンに渡した。 
333 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:23:19.56 ID:2yAjlkqa0 

ξ゚?゚)ξ「で?ホテルはどこを予約したの?」 

( ^ω^)「駅から歩いて5分くらいのビジネスホテルだお」 

ξ゚?゚)ξ「ちゃんとシングルを2部屋で予約したわよね?」 

(;^ω^)「勿論だお」 

ξ゚?゚)ξ「それならいいのよ」 

それから二人は、とどまることなくずっと話しつづけた。 
2ヶ月も会っていない為、次から次へと話題が飛び出してくる。 
ツンの学校での話や、TVのバラエティ番組の話、そしてチェミストリーの話・・・。 
バスに乗るまでの50分の間、会話は休む事なく続けらた。 
そしてバスに乗った後も、二人の会話は続いた。 

334 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:24:42.61 ID:2yAjlkqa0 

バスに乗って数時間後。二人が乗るバスは千台へ着いた。 
荷物を持ち、二人はバスを降りた。 

ξ゚?゚)ξ「ここどこー?街のど真ん中だね」 

( ^ω^)「あっちの方に行くと千台駅だお」 

ξ゚?゚)ξ「へー・・・、一人だと迷子になっちゃう」 

二人はとりあえずホテルへ荷物を預けることにした。 
駅から歩いて4〜5分の、少し小道に入ったところに、そのホテルはあった。 
隣にコンビニがあり、繁華街からも近い。割と便利そうな所だと、ツンは思った。 
338 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:26:08.62 ID:2yAjlkqa0 

入り口の自動ドアをくぐり、小さいが清潔感のあるフロントにいた女性スタッフに荷物を預け、そのままホテルを出た。 

ξ゚?゚)ξ「で?まず何する?まだお昼前だよ」 

( ^ω^)「うーん、お腹すいてるかお?」 

ξ゚?゚)ξ「あんまり・・・。先に買い物行こうよ」 

( ^ω^)「何欲しいお?」 

ξ゚?゚)ξ「服見たい」 

( ^ω^)「とりあえずアーケードのあたり歩くお」 

二人は、特に目的も持たずに歩き、入りたい店があれば入り、買い物を楽しんだ。 
疲れたらカフェで一休みし、また買い物。 
その間も会話は止まる事がなかった。 
ツンは見るもの全てが珍しいかのように目を輝かせてはしゃいだ。 
ブーンはそんなツンを見ているのがとても楽しかった。 
348 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:29:01.02 ID:2yAjlkqa0 

午後4時頃、小腹が空いた二人はカフェでサンドイッチを食べていた。 

ξ゚?゚)ξ「そろそろ会場に向かったほうがいいかな? 
       開くのは5時だけど、多分もう並んでるよね」 

( ^ω^)「会場へは地下鉄を使って行くお」 

ξ゚?゚)ξ「あっ、そういえば電車の時間とか大丈夫?間に合うかな?」 

( ^ω^)「大体5分とか10分おきくらいに出てると思うお。余裕で間に合うお」 

ξ;゚?゚)ξ「へー・・・すごい。電車が一時間に一本しかない田舎とは大違いね。超便利!」 

ツンはベーグルサンドを頬張りながら、地元と千台の大きな違いに感心していた。 
ツンを見ていると面白い。何に対しても興味があるようで、 
例えば街を歩く人が多いというだけで感心するし、地元では見た事のないオシャレなお店を見つけるたびに入りたがる。 
ブーンは、来て良かったと、心から感じていた。 

30分ほど休んだ後、二人は地下鉄の駅へ向かった。 
そして電車に乗り込み、会場へ向かった。 
351 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:30:32.79 ID:2yAjlkqa0 

電車を降り、地図を頼りに会場へと向かう。 
途中、ダフ屋に声を掛けられながら二人が会場に到着したのは、5時になる少し前だった。 
開場時間間近ということで、会場前には長い行列ができていた。 

ξ;゚?゚)ξ「なんじゃこりゃ。人多すぎ」 

( ^ω^)「ツン、こっちの列の方が人が少ないお。こっちに並ぶお」 

ξ゚?゚)ξ「うん。 
あっ、あっちは?あっちの方が少ないよ!」 

( ^ω^)「あっちはチケットを持ってなくて立ち見希望の人の列だお」 

ξ゚?゚)ξ「へー」 

ツンは、なるほどねー、とうなずきながら、開場待ちの列に並んだ。 
今日ツンは一生分感心したのではないか、と考えたら、なんだかすごくおかしくなった。 
357 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/06(土) 00:32:54.97 ID:2yAjlkqa0 

ξ-?-)ξ「チェミが見れるのは嬉しいけど、2階席ってのがねぇ」 

( ^ω^)「アリーナだったら、みんなが立ったらツンはステージを見れなくなるお。 
      だから2階席でちょうどいいと思うお」 

ξ゚?゚)ξ「それもそうね・・・」 

(;^ω^)「ちょwwwwここつっこむところwwwwww」 

ツンは普段は態度が冷たく言葉もキツいところがあるが、ふとしたところで天然になる。 
本来のツンは天然で、それを隠す為に冷たい態度を取るのではないかと思うほどのギャップだったが、 
そこがまた彼女の可愛いところでもあった。 

ツンはチケットを片手に開場を心待ちにしている様子だった。 
そんなツンを見ながら、大好きなチェミストリーの歌を生で聞けるという夢にまで見た出来事に、 
ブーンも心を躍らせていた。 
586 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:10:15.17 ID:w9kW4J1Q0 

「開場時間になりました。順番に荷物チェックを受け、場内にお入りください」 

5時をちょうど回ったところで、拡声器ごしの男性スタッフの声が辺りに響いた。 
周囲のザワつきが一層大きくなる。ツンも急に瞳を輝かせて、ブーンの方へ振り返った。 

ξ*゚?゚)ξ「ねえ!開場だって!」 

( ^ω^)「聞こえてたお」 

ξ゚?゚)ξ「荷物チェックって何?」 

( ^ω^)「カメラとか危険物を持ってないかチェックするお」 

ξ゚?゚)ξ「へぇー。ここにいる全員をチェックするの?」 

( ^ω^)「そうだお」 

ξ゚?゚)ξ「大変じゃん!」 
598 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:13:48.87 ID:w9kW4J1Q0 

15分ほど経ったところで、ブーンたちの順番が回ってきた。 
スタッフにカバンの中を見せるように指示され、ツンは持っていたハンドバッグを開けて見せた。 
ブーンはバッグの類を持っていなかったので、ツンの荷物チェックが終わった後にすぐ中に通された。 

入り口のすぐ近くに、コンサートのグッズやパンフレットを販売するブースがある。 
開場してからわずか15分ほどなのに、そこは黒山の人だかりになっていた。 

ξ;゚?゚)ξ「うわー、私も見たかったけど、無理っぽいな」 

( ^ω^)「ツンがあの中に入ったら押しつぶされるお」 

ξ゚?゚)ξ「あんた背高いんだから、ちょっと見てきてよ!」 

(;^ω^)「いやだおwwww人ごみは嫌いだおwwwwwさっさと席に行くおwwwwwwww」 

納得のいかない表情を浮かべるツンを連れ、ブーンは2階へと上がった。 
すでにたくさんの人が入場しており、少しずつ混雑し始めていた。 
602 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:15:27.04 ID:w9kW4J1Q0 

( ^ω^)「ツン、トイレ行くなら今のうちだお。後からだと混んで入れなくなるお」 

ξ゚?゚)ξ「あっ、じゃあ行ってこようかな」 

( ^ω^)「そこのドアの前で待ってるお」 

ξ゚?゚)ξ「わかった!」 

ツンはそう言って、トイレへと駆け込んでいった。 
それにしてもすごい人だ・・・。さすがは人気のチェミストリー。チケットが即完売したという話も頷ける。 
そう考えると、ツンがチェミストリーのチケットを手に入れたのは奇跡かもしれない。 
二人で旅行にも来れたし、ツンにチケットを売った人には、感謝の一言に尽きる。 

5分ほど経ち、ツンがトイレから戻ってきた。 
二人は通路の壁に貼ってある座席の案内図を頼りに、チケットに表記されてある席を探した。 
604 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:17:00.53 ID:w9kW4J1Q0 

( ^ω^)「えーと・・・ここだお」 

そこは2階席の1列目で、場所はステージのまん前だった。 

ξ゚?゚)ξ「すごい!ステージの真正面じゃん!すっごく見やすいね!」 

( ^ω^)「いい感じの場所で良かったお」 

ξ゚?゚)ξ「このくらいの席の方が私には合ってるかも。 
      ゆっくり落ち着いて歌聞きたいから」 

( ^ω^)「俺もだお。近くで見れなくても、同じ空間にいて歌ってくれてるってだけで満足だお」 

二人は席につき、ステージをボーっと眺めていた。まだ開演まで30分ほどある。 
1階の方も、続々と観客が入場し、席が人で埋まっていく。 
もうすぐチェミストリーの歌が聞ける。そう考えると身が引き締まるようだ。 
610 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:18:42.95 ID:w9kW4J1Q0 

ξ゚?゚)ξ「あっ、私何か飲み物買ってこようかな」 

ツンがそう言い、バッグを開けて財布を探し出した。 

( ^ω^)「じゃあ俺が買ってくるお。何がいいお?」 

ξ゚?゚)ξ「あ、じゃあ紅茶がいいな。ストレートティー」 

( ^ω^)「つめた〜いのでいいかお?」 

ξ゚?゚)ξ「うん。つめた〜いのね」 

ブーンは席を立ち、階段の近くにある自販機へ向かった。 
小銭を入れ、ツンに頼まれた紅茶と、自分の分のお茶を買った。 
2本のペットボトルを手に持ち、ツンとの会話を思い出した。つい口元が緩む。 
なんだかとても幸せな気分だと、ブーンは思った。 
619 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:21:31.56 ID:w9kW4J1Q0 

( ^ω^)「お待たせだおー」 

ブーンがツンに紅茶を差し出す。ツンはそれを受け取ると、ニコッと笑った。 

ξ゚?゚)ξ「ありがと」 

ブーンは急に耳が熱くなるのを感じた。心臓がドキドキしている。 
ツンの、少しはにかんだような笑みがとてつもなく可愛く見えて仕方がない。 
ブーンはペットボトルの蓋を開け、お茶を喉に流し込んだ。 

ブーンは、この感情を持つのがいけないことのように感じていた。 
ツンは大切な友達。友達に恋愛感情を抱いてはいけない。 
それに、これはツンの意外な一面を見てしまったが故の一時的な感情にすぎない。 
つり橋の法則と一緒。二人で旅行という初めての経験への緊張を恋だと勘違いするようなものだ。 
624 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:23:29.03 ID:w9kW4J1Q0 

ブーンがペットボトルを座席の下に置いたところで、場内にアナウンスが入った。 

「本日は、チェミストリーコンサートツアーイン千台にご来場いただき、誠に有り難う御座います。 
 まもなく開演になります。場内が暗くなりますので、お席をお立ちのお客様は、お早めに御着席下さいますよう、 
 お願い申し上げます」 

そのアナウンスを聞いたツンが、嬉しそうにブーンに話し掛ける。 

ξ゚?゚)ξ「もうすぐ始まるね!」 

ツンはバッグとペットボトルを座席の下へ置き、じっとステージを見つめる。 

(*^ω^)(もうすぐチェミの歌が聞けるお・・・) 

ブーンの期待が自然と高まる。心臓が静かに、そして強く鼓動する。 
632 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:27:00.82 ID:w9kW4J1Q0 

「お客様にお願い申し上げます。場内が暗くなりますので、お席についたままお待ちください」 

そのアナウンスの後、場内の照明が落とされた。 
ステージに淡いスポットがあたる。その先にはピアノが置いてあり、そこにはすでに人が座っていた。 
場内が少しずつ静まり返る。ステージ横の時計を見ると、6時を少し過ぎたところだった。 
もうすぐ始まる・・・。場内の観客は、息をのんでステージを見守った。 

その時、ピアノの音とともにチェミストリーの二人がステージの奥から現れた。 
場内に黄色い歓声が飛び交う。 
チェミストリーの二人は黙ったまま、ステージにセットされてあるオブジェのようなものに座った。 

ピアノの音が場内に響き渡る。歓声がおさまるのと同時に、ピアノの音がやんだ。 
そして、アカペラで二人は歌い始めた。 
観客たちは、静かにじっとして二人の歌声を聞いている。 
ブーンたちも同様に、ステージ上のチェミストリーを見つめていた。 

歌が2番に入った時、ピアノの演奏も一緒に始まった。 
そして、淡いスポットがひとつ、ふたつと増え、それと同時にアコースティックギター、バイオリン、ドラムなどといった 
楽器が次々と演奏に加わり、歌を壮大に盛り上げた。 
635 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:28:35.34 ID:w9kW4J1Q0 

ブーンはその様子を見て思わず震えた。舞台演出や楽器の演奏のテクニックもさることながら、 
何よりもチェミストリーの歌声に酔いしれていた。 
ブーンは我を忘れてステージを食い入るように見つめる。すぐ近くではないが、同じ会場内にいて同じ空気を吸って 
自分の前でチェミストリーが歌っている。 
その感動を何と例えたら良いか、ブーンには思い浮かばなかった。 

コンサートは休むことなく続けられた。時間いっぱい、チェミストリーの美しい歌声が観客を魅了し続けた。 
途中二人のトークが入ったりして、場内があたたかな雰囲気に包まれる。 
観客はすっかりチェミストリーの虜になっていた。 

最後の曲になり、チェミストリーが”最後はみんなで立って、手拍子で演奏に参加して下さい”と促すと、 
観客たちは次々と立ち上がった。 
ブーンたちも、周りが立ち上がるのにあわせて立ち上がった。 
チェミストリーの歌声と観客の手拍子という夢の共演に、観客たちはとても興奮していた。 
そして、チェミストリーのコンサートは、大盛り上がりの中、幕を閉じた―。 
639 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:30:43.36 ID:w9kW4J1Q0 

ξ*゚?゚)ξ「はぁ〜、すごかったね、チェミストリー!」 

二人はコンサート会場を後にし、駅のホームで電車を待っていた。 
その間も会話はチェミストリーのことで盛り上がった。 

ξ*゚?゚)ξ「本当に歌うまかったよね!」 

(*^ω^)「最後の歌の手拍子もすごく楽しかったお!」 

興奮はおさまる事を知らない。コンサートを思い出すたびに心も体も熱くなっていく。 
まるで夢の中にいるかのようだった。 
642 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:32:05.77 ID:w9kW4J1Q0 

ξ゚?゚)ξ「きっと今夜は打ち上げやるんだろうねー」 

( ^ω^)「牛タン食って帰るって言ってたお。明日牛タン屋に行ったら会えるかもしてないおwwwww」 

ξ゚?゚)ξ「チェミと牛タン食べた〜い!」 

電車を降りた後、二人ははしゃぎながらホテルへ歩いた。 
時計を見ると、もうすぐ10時になろうとしていた。 

( ^ω^)「これからどうするお?どこかでご飯食べてくお?」 

ξ゚?゚)ξ「うーん、今日はもう疲れたし、コンビニで何か買って入ろ」 

( ^ω^)「わかったお」 

二人はホテルの隣のコンビニに寄った。そこでおにぎりやスナック菓子類を買い、ホテルへ向かった。 
そしてチェックインを済ませて預けていた荷物を受け取り、二人は部屋へ向かった。 
646 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:34:25.45 ID:w9kW4J1Q0 

( ^ω^)「303号室と305号室だけど、どっちがいいお?」 

ξ゚?゚)ξ「どっちでもいいわよw」 

そう言ってツンは内藤の手から鍵を奪い取った。305号室の鍵だった。 
エレベーターで3階へ上がり、ブーンはツンを部屋の前まで見送った。 

( ^ω^)「305はここだお。明日の朝は何時に出発にするお?」 

ブーンがツンに尋ねる。しかしツンは上の空で、視線が宙に浮いていた。何か他の事を考えているようだった。 

( ^ω^)「ツン?どうしたお?」 

ξ゚?゚)ξ「あのね・・・・」 

ツンが真剣な表情でブーンの顔を見つめる。 
一体何事なのだろう。まさか、今になって”泊まるのはよくない、帰る”なんて言い出すのでは・・・。 
657 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:36:50.96 ID:w9kW4J1Q0 

ξ゚?゚)ξ「私・・・・部屋に一人はこわい」 

(;^ω^)「は?」 

急に何を言い出すかと思ったら・・・。ツンの表情は真剣だが、まるで子供のようだ。 

(;^ω^)「高校生にもなって何言ってるんだお」 

ξ///)ξ「だって・・・しょうがないじゃない! 
      自分ち以外の場所で一人になるのが嫌なのよ!」 

ツンが怒った表情のまま頬を赤く染める。部屋の鍵をぎゅっと握り締め、視線をそらした。 

(;^ω^)「もしかして、幽霊とか信じてるお?」 

ξ///)ξ「信じてるわけじゃないけど・・・!! 
      だって、よく言うじゃない?ベッドの裏にお札がびっしり・・・とか!」 

(;^ω^)「そんなの都市伝説だお。大体お札があったら幽霊は出ないお」 

ξ゚?゚)ξ「とにかく!一人はこわいの!」 

普段意地を張りまくってるくせに、幽霊や都市伝説を信じているなんてツンらしい。 
667 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/07(日) 00:39:05.43 ID:w9kW4J1Q0 

ξ゚?゚)ξ「でも、多分眠くなったら怖いのとかどうでもよくなると思うから・・・」 

ξ゚?゚)ξ「寝る前までブーンの部屋にいてもいい?」 

(;^ω^)「えっ・・・・」 

思いも寄らないツンの言葉に、つい返事に詰まる。 
言葉が出てこない。なんて言ったらいいのだろう。 

ξ゚?゚)ξ「じゃあ、荷物置いたらあんたの部屋に行くから!」 

(;^ω^)「ちょwwwww・・・・・・・・・わかったお」 

ξ゚?゚)ξ「じゃ、ピンポーンって鳴ったらすぐ出なさいよ!」 

ツンはそう言うと、305号室へ消えていった。 

ホテルでの夜を、ツンと一緒に自分の部屋で過ごす・・・。 
予想を越えた事態に、ブーンの思考回路は完全に停止していた。 
882 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:03:41.59 ID:3CvZTJO00 

部屋の鍵を開けると同時に、部屋の照明がついた。 
ブーンはコンビニの袋を小さなテーブルの上に置き、ジャケットをハンガーにかけた。 
そしてベッドに腰掛け、ふーっとため息をついた。 

(;^ω^)「もうすぐツンが部屋に来るお・・・」 

そわそわして落ち着かない。無駄に携帯をチェックしてしまう。 
ツンは寝るまで自分の部屋にいると言っていたが、はたして何時に寝るつもりなのだろうか。 
今日はたくさん歩いたし、コンサートでもはしゃいだから疲れているはず。 

(;^ω^)「なんかやけに喉が渇くお・・・」 

ブーンはコンビニで買ったお茶をごくごくと飲んだ。 
885 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:04:09.42 ID:3CvZTJO00 

ピンポーン 

(;^ω^)「!!」 

部屋のインターホンが鳴った。 
ツンがきた!ブーンはベッドから立ち上がり、急いでドアを開けた。 

(;^ω^)「はいだおー」 

ξ゚?゚)ξ「来たわよ。お邪魔しまーす」 

ツンは、戸惑っているブーンを尻目につかつかと部屋に入った。 

ξ゚?゚)ξ「ご飯食べよ」 

(;^ω^)「うんお」 

ブーンとツンはベッドに並んで座り、テーブルを引き寄せてその上にコニビニで買ったおにぎりや冷やし中華を並べた。 
安いビジネスホテルのシングルルームはとても狭い。自然と二人の距離も近くなる。 
887 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:05:03.15 ID:3CvZTJO00 
ξ゚?゚)ξ「はい、お箸」 

( ^ω^)「ありがとうだお」 

ξ゚?゚)ξ「じゃー食べよ。いただきまーす」 

ツンが両手を合わせておじぎをする。ブーンもそれに合わせて手を合わせる。 
ツンはいつも食事の時はこうする。食べ終わった後も、「ごちそうさまでした」といって同じように手を合わせ、おじぎをする。 
以前ブーンは、どうしてそんなに行儀がいいのかと尋ねた事がある。 
その時ツンは、両親にしつけられたから、と答えた。 

( ^ω^)「冷やし中華うめぇwwwwwwwwww」 

ξ゚?゚)ξ「ちょっと、きったないわねー。あんたもっと落ち着いて食べなさいよ」 

( ^ω^)「おにぎりうめえwwwwwwwwwwww」 

ξ#゚?゚)ξ「あーっ!それ私のツナマヨ!!」 

ツンとの食事がとても楽しい。ついつい大袈裟にはしゃいでしまう。 
888 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:05:43.31 ID:3CvZTJO00 
ξ゚?゚)ξ「それにしても、コンサートすごかったねー」 

ツンは、冷やし中華の麺をかき混ぜながらコンサートのことを思い出していた。 
とても明るく晴れ渡った空のような表情をしている。 

( ^ω^)「チェミの歌聞けて良かったお」 

二人は食事をしながら、チェミストリーの話に花を咲かせた。 
食事も終わり、ツンはそのままブーンの部屋でテレビを見ている 
ブーンは改めて、この状況の異様さを感じていた。 

(;^ω^)(これは・・・・・・・・・据え膳!?) 

(;^ω^)(・・・・いやいや、違うお。きっとツンは危機感を持ってないお。 
      もしツンが危険だと思ってたら、そもそも俺の部屋には来ないお) 

テレビを見て無邪気に笑うツンの隣で、ブーンは一人悶々としていた。 

(;^ω^)(でも、夜のホテルの一室に若い男女が一緒にいるって、 
      誰がどう見ても異常な状況だお) 

果たしてツンの真意はどうなのだろう。 
ツンはいつになったら自分の部屋に戻るのか・・・。 
891 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:07:02.67 ID:3CvZTJO00 
ξ゚?゚)ξ「あ、ごめんねブーン。もしかして眠い?」 

ブーンが考え事をしているのが、眠たそうに見えたのだろうか。 
ツンはブーンを気遣って話し掛けた。 

(;^ω^)「いやっ、大丈夫だお!」 

ξ゚?゚)ξ「私はまだ起きてたいけど、あんたが眠たくなったら部屋に戻るから言って」 

(;^ω^)「わかったお・・・」 

どうやらツンはまだこの部屋にいるらしい。 
それにしても喉の渇きが激しい。部屋に暖房が効いてるわけでもなく、特に乾燥しているわけでもない。 
なのに額には変な汗が滲み、水分を取っても喉がすぐ乾く。 

ブーンが喉の渇きを潤そうとペットボトルに手を伸ばした。 
ペットボトルを持ち上げると、手ごたえのない軽い感触がした。中身は底をついていた。 
894 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:07:48.95 ID:3CvZTJO00 
この状況で水分が取れないのは耐えられない。今すぐに水分が欲しい。 

(;^ω^)「ツン、俺、コンビニにジュース買いに行くお」 

ξ゚?゚)ξ「あ、わかった」 

(;^ω^)「何か欲しいものでもあるかお?」 

ξ゚?゚)ξ「さっき買ったから特にないよ」 

(;^ω^)「じゃあ行って来るお 
      鍵は置いていくから、インターホンが鳴ったら開けてくれお」 

ブーンはジャケットをはおり、ドアノブに手を掛けた。 

ξ゚?゚)ξ「気を付けて」 

ドアを開けたところで、後ろからツンが声をかけてきた。 
ブーンは適当に返事をして部屋を出た。 
898 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:09:26.46 ID:3CvZTJO00 
(;^ω^)「さっきから変な考えしか浮んでこないお・・・」 

ツンと同じ部屋にいて、考え付く事はよこしまな事ばかり。 
10代の血気盛んな男子には仕方のないことではあるが・・・。 

ブーンはコンビニに入り、1リットルのお茶をかごに入れた。 
もしかしたらこれでも足りないかもしれないが、その時はまた買いに来ればいい。 

他に特に買うものもなく、ブーンはコンビニを出てホテルへ入った。 
フロントの前を通ると、男性スタッフがおかえりなさいませ、とおじぎをした。 
ブーンはエレベーターに乗り、3階のボタンを押した。 

( ^ω^)「あっ、コンドーム買うの忘れたお」 

本気でツンを襲うつもりはなかったが、もしかして必要になるかもしれないとブーンは思っていた。 
あまりの異常な事態に、ブーンの思考回路は壊れ始めていた。 

エレベーターが3階についた。 
ブーンは部屋に向かい、インターホンを押した。 
906 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:11:47.96 ID:3CvZTJO00 
ピンポーン 

( ^ω^)「・・・・・・・・・・・・」 

(;^ω^)「・・・・・・・・・?」 

いつまで経ってもドアが開かない。もしかしてツンは飽きて自分の部屋に帰ってしまったのか? 
それなら、ブーンは自分の部屋に入ることはできない。 

ブーンはもう一度インターホンを押した。 
すこし経ったところで、ようやくドアが開いた。 

ξ゚?゚)ξ「・・・・・ごめん、遅くなって」 

ドアの影からツンが顔を出した。ツンはブーンが部屋に入った後にドアを閉めると、再びベッドへ座った。 

( ^ω^)(”コンドーム買うの忘れた” 
       ・・・・なんて、言ったらきっと軽蔑されるお) 

よっぽど冗談で言おうかと思ったが、ぐっとこらえて胸にしまった。 
ベッドに座るツンが、目をこすりながら言った。 

ξ゚?゚)ξ「出るの遅くてごめんね、うとうとして寝ちゃってた」 

( ^ω^)「そうかお」 
908 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:12:17.41 ID:3CvZTJO00 
ブーンはベッドの枕側に腰掛け、コップにお茶をついで飲んだ。 
うとうとしていたというツンは相変わらずテレビを見ている。一向に帰る気配を見せない。 

( ^ω^)(いつまでここにいる気だお・・・) 

コップのお茶を飲み干しテーブルに置くと、ブーンは靴を脱いでベッドに上がり、壁によりかかった。 
考えるのは今そばにいるツンのことばかり。テレビの内容なんて頭に入って来ない。 

( ^ω^)(もしかして、これがOKサインってやつかお?) 

そう考えたらツンの全ての行動に頷ける。 
部屋に一人が怖いと偽ってブーンの部屋に一緒にいる口実を作り、 
眠くてうとうとしたにも関わらず部屋に居続けるのは、”抱いて欲しい”というツンのOKサインなのではないか。 

(*^ω^)(ツンと・・・・ツンと・・・・・) 

よからぬ妄想がブーンの脳内をかけめぐる。 
自然に体中の血液が一点に集中していく。 

( ^ω^)(あっ) 

(;^ω^)(やばいお!ちんちんおっきしてきたお!!!!) 
911 :1 ◆stb.HbmXsI :2006/05/08(月) 01:12:54.08 ID:3CvZTJO00 
ブーンのそれは、ズボンの下で存在を主張していた。&