わからんでもないが|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

わからんでもないが

投稿日時:2012/04/28 22:15カテゴリ:学校での体験談

中学3年の時小柄で可愛い女の子が座ってたんだ。今でゆう佐々木のぞ○に似てるかな?

 ある日の授業中、ふと一瞬クラスが静まり返った瞬間その子のお尻から「ぷっ」
って音が聞こえたんだ。でもホント小さい音だったから俺は「まさかな。」位にしか思わなかった。周りを見ても誰ものぞ○の方を見てないし。

 だけどそのあとやらなくて良いことをし始めたんだ。
 
 そう、自分の手を口に当て「プップ」屁に近い音を奏で始めた。
 それで俺はさっきのが聞き間違いじゃなくて屁っだったんだと確信した。

 たぶんガスが溜まっててすかしながら出すつもりが思わず音を出してしまったんだろう。

 ここの住人ならここで萌えるところなんだろうが俺はすごくイラついた。いさぎの悪さにだ。
  
「なんで誤魔化そうとしてんの?バカじゃないの?」って。
  
 結局のぞ○は授業中ずっと「プップ」音を奏で続けていた。
 耳を真っ赤にさせながら。