従妹アキ、従姉紀子との・・・|従姉妹との体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

従妹アキ、従姉紀子との・・・

投稿日時:2008/03/02 16:06カテゴリ:従姉妹との体験談

50 :えっちな18禁さん:2007/10/08(月) 05:03:41 ID:rVfm0PuL0
    オレが中学生のときに
    従姉と変な関係になったことはあった。
    従妹とも変な関係になった。

    期待させてしまうのもあれなので
    先に書いておくと最後までやる事はなかった。
    けど、書いてもいいか?
    ダメならやめておく。

52 :50:2007/10/08(月) 14:34:27 ID:rVfm0PuL0
    おkネタっぽい話だが全部実話だ。つまらんかったら言ってくれ。

    従姉妹の家にはオレは出入り自由で
    よく泊まりに行っていた。鍵の隠し場所も教えてもらってたし。
    ちょっと特殊な環境で彼女らの両親は同じ家で寝てはいなかった。
    用心棒ってことはないだろうけど行くといつもよくしてもらっていた。

    とにかく従姉親の趣味で漫画の量が
    半端じゃなく、オレはそれが目的だった。
    マダラ、らんま、3×3EYES、ドラゴンボール
    火の鳥、あさりちゃん、スプリガン、伝染るんです…。
    とにかく読みまくっていた。

    今思うと、従姉妹も両親と一緒に
    晩御飯を食べることも無くて寂しかったのか
    オレが行くと必ずと言っていいほど三人で居間で寝ていた。

53 :50:2007/10/08(月) 14:36:09 ID:rVfm0PuL0
    当時のスペック
    オレ 中二 とにかく奥手で「フツメンとブサメンの間」とリアルで言われたwテラチキン。
    従姉 高一 憧れの存在。誰に対しても優しい。シルキーなんとかの誰かに似てる。
    従妹 中一 少しキツめの性格。だが鈴木えみを若くして健康的にした感じ。

    従姉妹母  昔の日本美人って感じかな。大概のことには動じないし許す。
    従姉妹父  エロエロだが、美形。娘以外の若い女が興味の大半を占める。
            娘達が美形なのはこの人のおかげ。

56 :50:2007/10/08(月) 15:10:56 ID:rVfm0PuL0
    冬休みに入ってすぐ、ある日の夕方。
    従姉妹親の住処と従姉妹が生活している家は距離にして50メートル。
    近いし、一応の挨拶もかねて従姉妹両親の所に寄った。
    泊まることを従姉妹母に言うと
    「いつもありがとうね、後でご飯届けるから」
    と笑いながら言ってくれた。

    従姉妹はクラブ活動に忙しくオレが行く時間帯は無人のときが多かった。
    時間が経つのも忘れて漫画読みまくる。
    とにかく至福のひとときだった。

    7時を過ぎるとアキ(妹)、紀子(姉)も順に
    帰ってきてこたつに入って談笑。
    従姉妹のおかんが届けてくれた晩飯を食べて順番に風呂に入る。
    またこたつに三人が揃った。

57 :50:2007/10/08(月) 15:15:28 ID:rVfm0PuL0
    うだうだ過ごして夜も9時を回った頃、
    アキが珍しく「自分の部屋で寝るわ」と言って去っていった。
    紀子姉の方は眠そうにしながらも
    頑張ってブッダを読んでいた。

    どうやらオレの方が先に寝てしまったようだった。
    ふと目を覚ますと、ブッダを読破したらしい紀子姉は
    電気を点けっぱなしのまま、こたつでダウンしていた。
    トイレに行こうと立ったとき
    対面にいた紀子姉の胸元に目が釘付けになった。

    仰向けで上半身をこたつから出している紀子姉の
    パジャマははだけ、もう少しで乳首が見えそうだった。
    オレ「ふひゃっ」
    誰に監視されているわけでもないのに挙動不審になるオレw

58 :50:2007/10/08(月) 15:20:33 ID:rVfm0PuL0
    初めて、紀子姉を性の対象として意識した瞬間だった。
    トイレに行くついでにアキの部屋を恐る恐るノックした。
    寝ているようで何故かほっとした。

    しかし困った。眠れないし、かといって漫画を読む気分ではなかった。
    こたつも点けっ放しだったからか
    額に少し汗をかいている紀子姉がとてもいやらしく見えた。
    私服も清楚な物が多く、
    太ももでさえあまり見たことのない
    紀子姉の胸が全部見えそう…

    いや、多分頑張れば見えた。
    しかし、当時のオレはチキンだった。
    要は頑張らなかったwいや頑張ったのか…?

    一度落ちるノツ帰りは夜になります。

63 :50:2007/10/08(月) 21:23:28 ID:rVfm0PuL0
    オレは新しい漫画をとるフリをして斜めに移動した。
    つまり紀子姉に近づいた。
    そのときに紀子姉と足がぶつかってしまい、
    脊髄反射でオレは足を引っ込めた。

    「う…」

    紀子姉は起きなかったが、寝返りをうち
    こっちを向く格好になった。
    胸は隠れてしまったが、顔が近い。
    そして足が再び接触して今度は逃げられない。
    触ろうとしてんのに逃げるのも変な話だがw

    ドキドキ感は電車で隣に座った女性と
    肘同士がくっついているあの感じに近い。

64 :50:2007/10/08(月) 21:36:09 ID:rVfm0PuL0
    オレはとにかくドキドキした。
    漫画を読もうとするのだが
    数ページ進んだあと内容が頭に入っていないことに気付いて
    また最初に戻るを繰り返した。
    そんなことより、紀子姉で頭が一杯だった。

    もうこんなこと考えずに寝ようと思った。

    オレは電気を消し横になったが、
    鼓動は収まるばかりか、余計に早くなった。
    自分ではどうしようも無かった。
    オレはダメだと思いつつまた胸の方に目をやってしまった。
    そして、手を伸ばした。
    汗ばんだ胸元は案外ひんやりしていた。

67 :50:2007/10/08(月) 23:02:33 ID:rVfm0PuL0
    瞬間、紀子姉がきつく目を閉じた。
    オレは神の速度で手を引いて逆方向を向いた。
    変態だと思われた。どうしよう。

    ちらっと紀子姉を確認して
    もう一度手を伸ばすも震えてしかたがなかった。
    肌には触らないようにして
    紀子姉のパジャマのボタンを一つかけてその夜は寝てしまった。
    …書いていると自分のチキンぷりが情けないorz

    −−−−−次の日−−−−−
    泊まった次の日オレはいつも、
    朝食を従姉妹両親含め5人で一緒に摂っていた。
    その日は紀子姉が起こしてくれた。
    「けい(オレのこと)朝ごはんできてるってさー」
    眠いが、しぶしぶ起きて両親宅へ移動。

68 :50:2007/10/08(月) 23:03:34 ID:rVfm0PuL0
    従姉妹父「おはよー、けい!昨日お前紀子に何かしたのか?」
    オレ  「ブッwwwなな何で?何もしないよ」

    リアルで牛乳吹いたww目がテラスイミー。一気に現実に戻された。
    意味無くキョロキョロするオレ、どんだけチキンwww
    怖くて紀子姉の方は見られなかった。
    とりあえず、二人で同じ部屋で寝たことはばれている。誰だよ言ったの。

    従姉妹母「そんな勇気あったら彼女の一人も連れてくるでしょ」
    アキ  「だよねー。けい君漫画が彼女だもん。折角二人にしてあげたのに」
    お ま え か。
    従姉妹父「もしオレがけいだったら間違いなく間違いが起きるな」
    従姉妹母「お父さん。浮気はばれないようにしてくださいな」
    紀子  「はいはい。さっさと食べる」
    オレは紀子姉を除く全員からチキン認定され解放された。
    紀子姉は何となく不機嫌だった。

71 :50:2007/10/08(月) 23:50:02 ID:rVfm0PuL0
    しかし、朝の忙しい時間にそんな気を遣う暇もなく。
    オレも自宅警備員の短期バイトをしに帰った。

    その後、何だか勝手にきまずくなったオレは
    数日間全く従姉妹とも連絡を取らずに自宅警備員をしていた。

    おかん「宿題したの?」
    オレ 「したよ」
    おかん「アキちゃんが宿題教えてって言ってたよ」
    オレ 「!?いつ?」
    おかん「昨日の晩、電話で言ってたよ」
    オレ 「あ、ああそうなんだ。まあちょっと予定見るわ」
    友達も少なくて冬休みの予定ないくせにw
    おかん「はあ。そんなもんないくせに」
    おまw心読むなよwww
73 :50:2007/10/08(月) 23:52:16 ID:rVfm0PuL0
    そして……

    気まずさ全開で次の日に行ってみたw
    泊まると色々良くないから、昼に。

    従姉妹母「アキ部活だよ。夜には帰ってくるんじゃない?」
    もう年末だし部活なんてしないだろ?常考…
    携帯電話持っていたらなあ。

    結局漫画を読んでいるといつもの時間orz
    おかんに一応電話をかけた。
    「あんたの晩御飯ないわよ」
    チン←電話古いw

    はいはい泊まり泊まり。

74 :50:2007/10/08(月) 23:54:06 ID:rVfm0PuL0
    アキ「すっごいね。よく解るなあ」
    オレ「これくらいならラクショー」
    アキ「ハラショー!次の問題解いて見て」
    オレ「韻踏むなwwwどれ」
    アキ「次、その次も、まだまだ次も」
    オレ「…」アキ「…」
    オレ「…」アキ「…解けないの?チキン」

    オレテラ涙目w
    結局廃人のまま数学全部やらされた。
    こいつは小悪魔だな、と幼心に思ったよ。
    制服で膝上スカート。オレがその属性に気付くのが早ければお前なんか…。

75 :50:2007/10/08(月) 23:56:33 ID:rVfm0PuL0
    そう言えば紀子姉とは顔あわせてないな。
    合わせてもどんな顔していいかわかんないけど。

    そんなことを考えていると
    「お疲れ様」
    と紀子姉がアキの部屋に入ってきた。
    「ごめんね、けい」
    「!」何故か逃げ腰になるオレw
    でも、差し入れktkr
    ちょっと不器用な形のウサギりんごだった。
    アキ「謝らなくていいよオネエ」
    紀子・オレ「お前が言うなwww」

    顔合わせたら案外普通だった。

76 :50:2007/10/08(月) 23:58:16 ID:rVfm0PuL0
    アキ 「オネエ、けい君優しいんだよ」
    紀子 「どうしたの?」
    アキ 「数学丁寧に最後まで教えてくれたんだ」
    紀子 「そうなの?」
    オレ 「やらされたっていうか」
    紀子 「やっぱり。宿題は自分でやらなきゃダメよ」
    アキ 「へいへい。ひがみなさんな」
    紀子 「アキの分はりんごないからね」
    オレ 「ありがとう」
    アキ 「お礼のタイミングおかしいしwww」
    紀子 「あはは。けいも忙しいんだからあまり迷惑かけないようにね」
    アキ 「漫画で忙しいだけだよ」
    オレ 「お前が言うなw」
    紀子 「でも、もう勉強終わってるなら晩御飯の方が良かったね」
    オレ 「いや、りんごもらうよ」
    ちょっと紀子姉がはにかんだ気がした。

77 :50:2007/10/09(火) 00:06:41 ID:aT3b4Vth0
    結局、その後三人で晩御飯を食べて
    アキは風呂に行き、紀子姉とオレは漫画を読み始めた。

    紀子 「…けい、こないださあ」
    オレ 「ん?」嫌な予感が。
    紀子 「みんなが勇気がないとか言ってごめんね」
    オレ 「いや、いいよ。実際そうだし」ってちげーよww
    そう言うと紀子姉に手を出したかったみたいじゃねーかorz
    紀子 「悪気はないの。男の子がいるとお父さんも嬉しそうだし」
    流してくれた。大人は違うな。
    オレ 「でもオレはあんな大人にはなれないと思う」
    紀子 「ならなくていいよwwwっていうかならないで」
    ああ、こないだ不機嫌だったのはオレが
    皆にからかわれていたからか…。ぼんやり考えた。

    紀子「……こないだ、ボタンかけてくれた?」

78 :50:2007/10/09(火) 00:10:45 ID:aT3b4Vth0
    オレ「!!!!!!!」
    紀子「ごめん、変なこと聞いて。忘れて」
    オレ「…、う、うん」
    微妙な沈黙が流れる。
    前と同じく、漫画を読んではいるが頭に内容は入らない。

    アキ「けい君風呂あいたよ〜」
    唐突に場違いな奴が来たが、オレには救いだった。
    小悪魔とか言ってごめんよ。
    オレ「あ、行くわ」
    紀子「///」
    うつむいていた紀子と「?」な顔をしたアキが
    その後どんな会話をしたかは知らない。
    とにかく逃げた。
    どんなときも僕が僕らしくあるためにチキンだぜwww

79 :50:2007/10/09(火) 00:21:39 ID:aT3b4Vth0
    アキ「けい君今日は宿題ありがとうね」
    お風呂上りにオレンジジュースをくれるアキ。
    オレ「珍しい…どうせ、紀子姉に言われたんだろ」
    アキ「だいなしwww当たってるけど」
    オレ「当たってるのかよwww」
    アキ「じゃあ…ウチの部屋で漫画読ませてあげよっか?少女漫画だけど」
    オレ「読む(今紀子姉と二人はきついしな…)」
    アキ「ちょっと、目つき怖いよ」
    オレ「大丈夫勇気ないし」
    アキ「イミフwww」

    そんなこんなでアキの部屋で漫画読むが
    正直面白さがわからんかった。何読んだかも忘れた。
    少女漫画デビューでかなりwktkしてただけに残念だったことは憶えている。

81 :50:2007/10/09(火) 00:29:35 ID:aT3b4Vth0
    アキ「眠くなったらソファ使いなよ」
    中学生にして自室にソファとかww
    テレビもウチで家族皆で見てるやつより大きい。
    従姉妹家族はそれなりに金持ちだった。
    その金持ちの恩恵を積極的に受けているのがアキで
    金持ちであることを何とも思っていないのが紀子姉だった。
    だからアキの部屋は豪華で、紀子姉の部屋は質素だ。

    従姉妹両親は普段子供たちに構ってやれない分
    お金で何とかなることは何とかしたいと思っていたらしい。
    まあ、悪い子じゃないからいいんだけど。

    でも…。
    頼むから下着は透明のケースに入れないでくれ、アキ。
    散らかっていると言う程ではないが
    目のやり場に困る部屋だ。うん。オレは逃げ出した。

82 :50:2007/10/09(火) 00:30:51 ID:aT3b4Vth0
    いつもの居間のこたつに戻ってきた。
    やはりここがオレの居場所だ。
    タイミング悪く風呂上りの紀子姉と出くわす。

    紀子「アキに、彼氏できたの知ってるの?」
    一瞬紀子姉はびっくりしたような顔をしたが、普通に話しかけてきた。
    オレ「(さっきのことはもういいのかな)へーそうなの」
    紀子「アキが電話したそうだから出てきたんじゃないの?
       最近この時間はいつも電話してると思うけど…」

    サーセンwwwそこまで気が回る精神的イケメンじゃありませんw
    でも、アキそんな素振りは見せてなかったけどな…?
    アキも言ってくれたらいいのに。

    このときの些細な「?」は後に明らかになるが
    それはまた別の話。

83 :50:2007/10/09(火) 00:40:02 ID:aT3b4Vth0
    オレ「いや、少女漫画がよくわからなかったから出てきただけだよ」
    下着が気になってなんて言えないw建前って大事だよな。
    紀子「あはは。そーなんだ」

    オレはそれより、紀子姉がボタンのことに
    気付いていたのを今更のように恥ずかしく思った。
    紀子「?どうかした?」
    オレ「いや…別に」
    紀子「ん?もしかしてアキのこと好きだった?」
    オレ「んなわけ…」
    紀子「もしかして、…さっきの…こと?」
    オレ「べべべ別に違うよ」

    終始紀子姉がペースを握っていたが
    会話をしている間に
    オレは、また構えることなく紀子姉と喋れるようになっていた。

84 :50:2007/10/09(火) 00:41:54 ID:aT3b4Vth0
    紀子姉見つけた。
    このページの人だ。黒髪にして、肌白くしたら似てるw