スノボ|友達との体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

スノボ

投稿日時:2009/12/06 22:02カテゴリ:友達との体験談

男友達とスノボに行って、旅館を取った時の話。 

すごく寂れた場所にあったので、周りは専らスキー客。当然私たちも。 
彼氏とは遠距離恋愛中だったからこういうケースのお泊まりもなかなかできなくて、妙に緊張。 
夜中に車を走らせて朝から滑り、夕方にはくたくたで宿へ。 
今では珍しい赤いランプの炬燵。なつかしいね〜、って言いながら添い寝したりキスしたり。 
夕飯を食べてお風呂に入って、浴衣でお出迎え。でも安い宿だから廊下で歩くスリッパの音も聞こえる。 

お風呂にはいってくるよう促し、布団を用意。寒がりだけど寝相もすこぶる悪い相方用に 
きちんと2組並べて、一段落したところへ戻ってくる。 

そろそろ寝るか・・・と思って布団に入ったら、そっと抱きしめてくれる。 
“1ヶ月もエッチしてないんだ〜・・・”そうぽつりと告げた沈黙の後、 
いつもより少し熱いキス。久々に香る彼の匂い・・・ 
近くに流れる川のせせらぎまで聞こえるくらい静かな夜に、吐息だけが切なく混じる。 
いつもはしないような事も、じっくりと、でも確実に責め上げられる私・・・ 
ゆっくりと背後から彼が入ってくる・・・優しい。やわらかな快感がじわじわと上り詰めていく。 
我慢しきれなかったのか、先に逝った彼が、それでも私を指で責め続け、耳元で囁く。 
『遠くのチンポより近くのチンポ』 

声もなく、彼に囁かれたその一言で、私は果てました。 
あのシチュエーションだったからかなぁ。。。。。 
ちなみに、隣の部屋はどうも地元?の新婚さんおようでしたが、至って静かでした。