ミカ「恋空 〜アタシのセツないコイバナ..|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

ミカ「恋空 〜アタシのセツないコイバナ..

投稿日時:2010/11/30 15:01カテゴリ:学校での体験談

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:20:36.95 ID:TGVJRXpP0

   もしもあの日貴方に出会っていなければ
 こんなに苦しくて こんなに哀しくて こんなに涙が溢れる思いはしなかったと思う

   だけど 貴方に出会っていなければ
 こんなに嬉しくて こんなに優しくて こんなにいとしくて
 こんなにあったかくて こんなに幸せな気持ちを知ることも出来なかった。

   ミカ「私は今でも空に恋をしています」
  恋   空
─── トイレ
ミカ「ジュッポ ジュッポ ジュッポ」

教師「ああっ!ミカちゃん!出るよ! うっ!」ビュルビュルビュル
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:21:12.61 ID:TGVJRXpP0

友A「ミカおそーい」

ミカ「スマンコwwwwww」

友A「……」

友B「え、えっと、あー! グリス塗ってるー! もしかして好きな人出来た?」

ミカ「あ、これザーメン」

友B「……」

友A「私は夏までに彼氏作るもんね〜」ペラペラ

友B「うっわ、ノートにデータまとめてる……ちょっとそれやり過ぎじゃない?」

ミカ「あ、この男子早漏だから止めといた方がいいよ」

友A「そうなんだ!」カキカキ

友B「………」
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:21:20.48 ID:BKRySzCT0
これ本物?

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:21:43.98 ID:TGVJRXpP0

─── 廊下

友B「あ、ノゾム君だ!」

友B(ノゾム君、鼻にもピアス付けててかっこいい/////)

ノゾム「よー可愛いじゃん^^ ミカちゃんアドレス交換しようぜ」

友B(えっ……ノゾム君ミカ狙いなの?><)

ミカ「鼻輪wwwww牛wwwwwwww」

ノゾム「………」

ミカ「おら鳴いてみろよwwwwモーってwwwwwMOOwwMOOwwwww」

ノゾム「………」グスッ

友B(あああああああああああああああ)
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:22:18.16 ID:TGVJRXpP0

ミカ「やっべぇ携帯無くしたwwwww」

友B「鳴らすよー」

ミカ「あ、図書室かも!!」

友B「あんたも図書室とか行くんだ」

ミカ「メガネ男子犯しに」

友B「……」
7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:22:56.40 ID:TGVJRXpP0

─── 図書室

プルルルル

ピッ

ミカ「あ、もしもしwwww見つかったwwwww」

『良かったな』

ミカ「え……? だ、誰ですか……?」

『ないしょw』

ミカ「………」

『またね、ミカちゃんw』

ミカ「またなwwwwヒロwwwwww」

『え!?』

プツッ
8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:28:21.56 ID:TGVJRXpP0

ミカ「もしもしwwwあ、携帯拾ってもらった者ですけどwww」

ヒロ『あ、うん、あの、どうして名前分かっ……』

ミカ『携帯のアドレスとか全部消えてたんですけどwwww』

ヒロ「あれ、ほんとにお前の大事な人達なのか?」

ミカ『大事な客なんですがwwwwww』

ヒロ『え、えっと……ほんとにお前とつながりある人達なのか?』

ミカ『つながりまくってますがなwwww下半身でwwww』

ヒロ『そ、そう……じゃあね』ピッ
9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:30:47.29 ID:mnH1bS6kO
ミカ優しい

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:32:28.40 ID:yt/d2SUw0
ビッチかよwww

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:32:32.26 ID:TGVJRXpP0

── その夜

ピロピロピロ

ミカ「もしもしwwww」

ヒロ『俺』

ミカ「ちーっすwwww」

ヒロ『俺、一番乗り?』

ミカ「すいません今仕事中なんでwwww」

ヒロ『仕事?』

ミカ「あんっ……そこ、駄目ぇ、オジサマぁぁん」

ヒロ『………』
12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:34:44.21 ID:c6rWlIlEO
恋空みると、どうしても忍空がちらつく。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:36:01.18 ID:TGVJRXpP0

─── 次の日

ピロピロピロ

ミカ「もしもしwwwwww」

ヒロ『俺だけど』

ミカ母「ミカ、掃除中だからそこどいて」

ヒロ『あははwwお母さんに怒られてやんのwww』

ミカ「とか言ってお母さんのココは最近手入れしてないんじゃない?」サワッ

ミカ母「んっ//// もぉ、母親に向かってそんな冗談……」

ミカ「ふぅん、体は正直なんだけどなぁ」ズッポズッポ

ミカ母「あひっ、あぁん、んんーっっ////」グチュグチュ

ヒロ『………』
14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:37:00.61 ID:TGVJRXpP0

───

ミカ「眉毛は?」

ヒロ『ぶっとい』

ミカ「チン長は?」

ヒロ『え?』

ミカ「性感帯は?」

ヒロ『………』

ピッ

ミカ「逃wwwげwwwwたwwwwww」
15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:37:31.09 ID:TGVJRXpP0

ピロピロピロピロ

ヒロ『ご、ごめんなさい、もう電話しないでくださ……』

ミカ「ねえ知ってる?保健室に淫乱教師の霊が」

ヒロ『………』ピッ

ピロピロピロピロ

ヒロ『あの、すいません、勘弁してくだ……』

ミカ「空見てみ」

ヒロ『空?』

ミカ「ほら、飛行機雲」

ヒロ『本当だ……そうだ、二人で見たっていう記念に写メを』

ミカ「幼女の割れ目のような」

ピッ
16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:38:20.37 ID:zrPvwfubO
パロだとしても内容が薄い

18 名前:える ◆ELL/////XQ [/////] 投稿日:2010/08/17(火) 23:39:41.33 ID:NDCyfMzgi
原作よりは濃いぞら

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:39:44.47 ID:TGVJRXpP0

ピロピロピロ

ヒロ『も、もしもし……』

ミカ「もしもし……」

ヒロ『どうしたの、元気ねーじゃん』

ミカ「誕生日なのに……何か親が喧嘩してて……」

ヒロ『! そ、そっか!じゃあ俺が元気づけてやるよ!』

ミカ「どっちが先にあたしとヤるかって喧嘩しちゃって、もう最悪」

ヒロ『……』

ミカ「そうだ、3Pすればいいんだwwwwやべwwww天才wwwww」

ヒロ『……』ピッ
20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:40:15.18 ID:TGVJRXpP0

── 次の日、始業式

ミカ「やっぱり会うの怖いよぉ……」

友B「頑張って!元気出して!」

ミカ「電話では優しいけど……」

友B(ミカにも女の子らしい所があるんだなー!)

ミカ「肉体関係拒否られたらどうしよう……」グスグス

友B「………」
21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:42:05.10 ID:TGVJRXpP0

── プール

ヒロ「ようやく会えたな」

ミカ「貴方が……電話の?」

ヒロ「ほら、誕生日おめでとう」サッ←花を出す

ミカ「そんなの……お花が可哀想だよ!!」

ヒロ「あ、そっか……掘り出したから……」

ミカ「ほら!この水気たっぷりの穴に!!」グパァ

ヒロ「うわあああああああああああああ!!!!」ダッ

ミカ「逃げられた!」
22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:42:40.33 ID:TGVJRXpP0

───

ヒロ「〜♪」←花壇に花植えてる

ミカ「あ、花植えてるの?」

ヒロ「ああ、肥料もたっぷりだぜ」

ミカ「じゃあ私も協力するね♪」ヌギッ

 ブリブリッ ブブッブバッブシュウウァァァァ!!

ヒロ「うわあああああああああああああ!!!!」

ミカ「ご、ごめんね 駄目だったかな?」ウル

ヒロ「い、いや……あ、そうだ!」

シャーッ←ホースの水で虹を作る

ヒロ「ほら、綺麗だろ」

ミカ「ほんとだ!あたしも出来るよ!」ヌギッ

 プシャアアアアアアアアアァァァァ!!

ヒロ「うわああああああああああああああ!?!!」
23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:43:19.42 ID:TGVJRXpP0
─── 図書室

ミカ「授業中抜け出して来ちゃった////」

ヒロ「ああ、外行こうぜ」

ミカ「そんなことよりヤろうぜwww」

ヒロ「は!?」

ミカ「おらぁ!!抵抗すんじゃねぇ!!!」ヌギッ ボロンッ ズルズルッ ガパッ

ミカ「包茎wwwwwwwww」

ヒロ「いやああああああああああ!!!!!」

 私の初めての恋の相手は 皮のような人でした

 周りの毛を巻き込んで、何処までも。

ミカ「オラオラオラオラオラオラwwwww」

ヒロ「あ゙ぁ゙ぁ゙!!早い早い早い!!!」

……

ミカ「ふぅ……」

ヒロ(こんな優しい痛みがあったんだ……)
24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:44:30.04 ID:Pb4VlfzEO
こんな恋空なら許せる

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:45:16.10 ID:TGVJRXpP0

───バス停

ミカ「予定より早く来すぎちゃった////」

不良達「おらぁー!」

ミカ「きゃああぁっ!? な、何するの!?」ウエーン

不良達「へっへっへ……たっぷり犯してやるからな!!」

ミカ「イヤアアアアアアアァァァァッッ!!!」

〜1時間後〜

不良A「うああああああぁっっ!!」ビュルビュルッ

ミカ「あぁぁんっ////無理やり中出しされちゃったぁっ////」

不良A「もう……許してくださ……」

ミカ「ヘバってんじゃねーぞコラァァァ!!!」グイッ

不良A「う、うわあああぁぁぁぁぁ!!!!」
26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:45:48.21 ID:TGVJRXpP0

── 夜

ヒロ「ミカーっ!!」ダダダダ

ミカ「うええぇぇんヒロォォォォ」ウエーン

ヒロ「糞ッ!あいつら!」

ミカ「どうしてここが分かったのぉ?」グスグス

唐沢寿明「愛の力で」

ミカ「介の字ばウエエエェェン」ポロポロ

ヒロ「どうした!?酷いことされたのか!?」

ミカ「ふぇぇぇぇん 10回しかヤれなかったぁぁ」ビエーン

ヒロ「………」
27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:46:01.16 ID:MRG8U7DQ0
マジで?超やべェじゃんwww

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/17(火) 23:47:03.07 ID:YGsPQ4/qO
唐沢さんなにやってんすかwwwww

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:48:10.90 ID:XYXGZDL2O
ミカビッチ杉ワロタwwwwwwwwwwwwww

だがそれがいい

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:49:05.91 ID:TGVJRXpP0

── ヒロの家

ヒロ「こいつだ!!このサキって女がやらせたんだ!!」ドン!

サキ「くっ……」ドサッ

ヒロ「ミカ!!こいつをどうしたい!?」

ミカ「今回は左腕で許してやろう」

ヒロ「え?」

ミカ「歯ぁ食いしばれッ!!」シュッ

ヒロ(日本刀!?)

 ズバァァッ!!

サキ「ぎゃああああああああぁぁぁ!!!!」

 ボト……  ブシュゥゥゥゥ!

ミカ「その女は外に捨てときな」

ヒロ姉「………へい!!」

ヒロ「!?」

───

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:51:38.54 ID:znCbHHYuO
これが恋空…ゴクリ…

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:55:18.66 ID:TGVJRXpP0

── 教室

ミカ「な、何よこれ!!」

黒板『淫乱ミカ! 夜はいつでもOK♪ ヤりたい人はこちらまで 090……』

ミカ「ひ、ひどい……」

友B「大変だよ!他のクラスにも書いてあるよ!」

ミカ「そんな……」

友B(やっぱりミカでもこんなこと書かれたらショックだよね……)

ミカ「昼だってOKなのに!!!」

友B「………」
33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:56:44.16 ID:TGVJRXpP0

── 図書室

ミカ「お願い!ヒロのセックスで私を浄化して////」

ヒロ「お、おう……////」

 パンパンパン ドビュッシー

ヒロ「よし、これで綺麗になったな」

ミカ「待って、全部きれいにしないと」

ヒロ「え?」

ミカ「アナルも」グパァ

ヒロ「………」

──
34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:57:50.09 ID:TGVJRXpP0

──レストラン

ミカ「ヒロ、あたし、赤ちゃん出来ちゃったみたい////」

ヒロ「ほんとか!? よし、産もうぜ!!」

ミカ「ほんと?//// 産んでいいの?////」

ヒロ「当たり前だろ!絶対幸せにするから!」

ミカ「高校生が育児?世の中舐めてんじゃねーぞガキ」

ヒロ「………」

ミカ「また堕ろすのかwwwwめんどーwwww」

ヒロ「………」
35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:59:00.83 ID:TGVJRXpP0
─── 体育館裏
サキ「おいヒロが退学ってどういうことなんだよ!!」

ミカ「ググれ情弱wwwwww」

サキ「てめぇ!!」ブンッ

 サキが拳を振り上げてミカへ殴りかかろうとしたその時、
 パァンと乾いた音が響いた。
 サキの顎が勢い良く跳ね上がる。
 一瞬のことに何が起こったのかも分からず、もんどり打って後ろへ吹っ飛ぶサキ。
 一方のミカは打ち上げた掌底──手の平で撃ち抜く破壊拳──を静かに構えたままだ。

「な、何しやが、った……?」

 どくどくと鼻血を垂れながら顔に恐怖を浮かべ、必死で後ずさりするサキだが、
 それで堪忍するミカでは無い。
 気合いを込めて相撲の四股の様な姿勢を取る。
 ──馬歩と呼ばれる、八極拳の発剄を強大にする構えだ。

「覇ッ!!」

 雄叫びを上げるとミカは勢い良く跳躍した。
 高く打ち上がった己の体を、落下に任せた一点突貫の武器へと変える。
 呆気にとられて見上げるサキが最後に見た物は、
 己の顔面に迫り来る破壊力の権化たる、ミカの膝であった。

ドゴシャアアアァァァァ!!

サキ「ピクピク」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/17(火) 23:59:35.68 ID:TGVJRXpP0

ミカ「やべぇwwww調子に乗ったら腹痛くなってきたwww」

……

医者「流産です」

ミカ「ラッキーwwwwwww」

───
37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:01:50.99 ID:lgKY/QHe0

───

ミカ「ヒロ、何で最近アタシを避けるの!?」

ヒロ「色んな女と遊びたくなったんだよ」

ミカ「し、信じらんない!!」

ヒロ「ケッ」

ミカ「あたしのテクが物足りないとか信じらんない!!」

ヒロ「え……」

ミカ「俺、もうお前の汁抜いてやれねーから」

ヒロ「………」
39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:03:00.07 ID:lgKY/QHe0

───

ミカ「酷いんだよ!!ヒロったらアタシと別れるって!!」

友B「そうなの!?ヒロ酷い!! 新しい男作ったら?」

ミカ「うん、もうあったま来たから新しいセフレ10人ゲットしたよ」

友B「そ、そうなんだ 一応今度の合コン来る?」

ミカ「イくイくー」
40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:03:39.39 ID:rvVWgPJK0

ユウ(関西弁)「やっほー、可愛い子おるやん」

ミカ(そのとき私は赤ちゃんの声が聴こえた)

ミカ(『もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対』)

ミカ(『ママが寂しいと私も寂しいんだよ』)

ミカ(間違いない……赤ちゃんが私を励ましてる!)

ミカ「ユウさん☆ あたしミカ☆ 仲良くしよ?☆」

ユウ「ミカちゃんか、もし告白されるんやったらどういうシチュがいい?」

ミカ「腕いっぱいのカスミ草を抱えて、好きって言って欲しい。 全裸で」

ユウ「そ、そか」
41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:04:14.49 ID:lgKY/QHe0

─── 浜辺

ユウ「好きです!」

ミカ「やっべwww本当に全裸wwww」

ユウ「ミカちゃん、前付き合ってた奴はどんな奴やったん?」

ミカ「川みたいな……人でした……」

ユウ「川かー……よし!」

ユウ「そいつが、川やったら、俺は……」

ミカ「海とか?wwwwwねーかwwwwwwww」

ユウ「………」
42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:05:47.52 ID:6kUNRt8C0
ワロタ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:06:13.05 ID:Zhb1oFhh0
なにが
なんだか
わからない

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:06:31.76 ID:USRkiABd0
恋空ってこんなんなんだ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:06:43.89 ID:lgKY/QHe0

─── 雪の日 夜の公園

ミカ「セイヤッ! アチョッ! ハッ!」シュッ! シュッ!

ヒロ「ミカ……」

ミカ「あ、お久ッスwwwww」

ヒロ「似合うだろ、この帽子」

ミカ「でっきるっかなwwwでっきるっかなwwwwww」

ヒロ「え?」

ミカ「何でいつも……あたしのこと置いてくの……?」グス

ヒロ「……フン」

ミカ「性病のこと黙ってたのが駄目だったの?」グスグス

ヒロ「………え? それ初めて聞い……え?」
47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:08:03.68 ID:lgKY/QHe0

───

卒業後

ユウ「ほらこれ、プレゼント」

ミカ「わーい嬉しい!ありがとう!」

ユウ「10秒以内に開けてなw 10……9……」

ミカ「えぇ〜そんなに早く開けられないよぉ〜」グス

ユウ「本気出して開けろや〜w」

ミカ「邪ッッッ!!!!」ビリビリグシャァァァ!!

ユウ「!?」

ミカ「中身ごと引きちぎってもーたwwwww」

ユウ「………」

ミカ「また買ってよwwwwどうせ指輪っしょwwwwww」

ユウ「う、うん……」
50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:11:14.22 ID:oscCjvf1O
これが現実なんだな勉強になります

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:12:19.80 ID:Tg6950Rl0
ここまでビッチだと逆に面白い
こんな女子高生いねーかな

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:12:49.29 ID:lgKY/QHe0

─── 公園

ノゾム「あ、ミカ……」

ミカ「あ、ヒロの友達のノゾム君!!」

ノゾム「実は……ヒロの奴、死んじゃうかもしれないんだ!!」

ミカ「そ、そんな!!」

ノゾム「マジなんだ……あいつ、癌に侵されてて……」グスッ

ミカ「癌にまで犯されとるwwwwww」

ノゾム「………」
54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/18(水) 00:15:08.96 ID:bHteodlmO
大体の流れがわかっちゃうなこれwwwwww
誰が泣くんだよwwwww

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:15:32.49 ID:lgKY/QHe0

─── 病院

ガラララッ

ミカ「ヒロ!!」

ヒロ「ミカ!!どうしてここに!!」

ミカ「馬鹿!!どうして癌のこと黙ってたの!!」

ヒロ「お前の悲しむ顔を見たくなかったんだよ!」

ミカ「もう!馬鹿!ハゲ!死に損ない!ハゲ!高卒!包茎!ハゲ!」

ヒロ「……」

───
58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:22:16.94 ID:lgKY/QHe0

───

ミカ「もう、アタシがどれだけヒロのことアイシテルと思ってるの?」ウルウル

ヒロ「ああ、悪かったよ」

ミカ「はいこれ、アタシが改造したケータイ」

ヒロ「? 改造?」

ミカ「うん。 いつでもヒロと話せるように、電話掛けたら強制的に電源が入る携帯だよ☆」

ヒロ「ミカ……それほどまでに俺のことを……」グスッ

ミカ「だって……ヒロは私の大切な人だから……」////

ヒロ「ミカ……」////

ミカ「だからここ、ハンコ押してくれる?」ウルウル

ヒロ「ああ、分かったよ」 ポン

ヒロ「ところでこれ何?アフラッ……」

ミカ「ううん、何でもないの」ニコニコ
60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:24:54.70 ID:lgKY/QHe0

───ミカが外にいる頃、病院では

ヒロ「ぐ、おおぉぉぉぉ!!」

看護婦「先生!患者が!」

医者「くっ……このままでは危ない!」

ヒロ姉「先生!!弟を……ヒロを助けてください!」

医者「大丈夫です!この最新式の医療機器を使えば!」ジャーン

ヒロ姉「良かった……」

ヒロ(ミカ……俺、絶対生きてみせるから……)

医者「よし!早速治療を始める!」

看護婦「はい!」

機械「ウィーン」

医者(よし、機械も正常だ。上手くいきそうだ)
61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:26:41.85 ID:lgKY/QHe0

───

ミカ「あ、そうだ、ヒロに電話しよ」 ピポパ

───

プルルル

医者「!! ヒロ姉さん!!携帯の電源を切ってください!機械が誤作動を起こしてしまう!」

ヒロ姉「はっ、はい!」

プルルルル

ヒロ姉「!? 切れない!?」

機械「ビガッ ビガッ」

医者「ま、不味い!機械が狂い始めた!」

機械「ブーンブンシャカ」

ヒロ「ぐあああぁぁああぁぁぁ!!」

───

ミカ「早く出ろよ ったく」
62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:27:48.99 ID:NAIKlGvSO
誤作動とかマジ勘弁wwwww

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:29:22.88 ID:gqD670990
マジ鬼畜

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/18(水) 00:30:53.77 ID:lgKY/QHe0

ピ────

ヒロ「ガクッ」

医者「……死んでしまった……」

ヒロ姉「ヒロ……ヒロ──── っ!!!!」
……
 私は今でも 空に恋しています

 そして きっと これからもずっと

  永遠に
ミスチル「こわぁ〜〜〜がらないで 手当たり次第に〜〜♪」
          完