T先生と集団オ●ニー|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

T先生と集団オ●ニー

投稿日時:2010/03/24 10:43カテゴリ:学校での体験談

高校の時、俺達水泳部は部室オナニーをしていた。

部室オナニーは水泳部の伝統みたいなモノで、新入部員も始めは嫌がるのだが、先輩達があまりに大っぴらにやるので、いつのまにか気にせず参加するようになり、部室内は「やりたきゃやればいい」的雰囲気だった。

俺も当初は信じられない気持だったが、慣れてくるとこの開放感が気持ちよくなってくるから不思議だ。きっと皆も同様だっただろう。

さて、俺が高校2年の冬の事である。冬は学校のプールが使えないので、二日置きに町の体育館のプールを使わせてもらっていた。当然、プールのない日は筋トレなどになる。

3年も引退し、新部長になったばかりの友人Eを筆頭に俺とAとI。それに一年部員3人の7人でその日も走り込みなんかをしていたんだったと思う。

小一時間ほど練習し、その日はなんとなく部室でダラダラしていた。やる事は無いんだったらさっさと帰ればいいのに「暇だしマクドでも食いに行くか〜?」とか話していた。

そんな時、アニマルを読んでたIが「やべぇ勃起してきた」っつって、ジャージの中に手をつこんだ。みんなバカみたいに笑って「勃起させんなよ〜」とかからかっていたが、俺にしても奪い取ったアニマルのエロ漫画に、少しムラムラきた。

きっと皆も同じだったのだろう。そんな空気を読んだのは新人部長Eだった。「ちょっと俺、オナる」と言うや、エロ本ロッカーと化した俺のロッカーを開け、エロ漫画を取りだりオナりはじめた。

一人がオナりはじめれば、後はもう流れのまま、各々シコりはじめた。広いとは言えない男子水泳部の部室の中で、犇めくように7人オナニーだ。

一心不乱にシコシコし、調子にのって練習DVD再生用のポータブルプレーヤーでエロDVDまで再生してオナニーした。

「やべぇ2日ぶりだからめっちゃでそう」とか、いいながら早漏の一年部員が射精した。しかも、ティッシュが間に合わず、俺の買ってきたデラべっぴんにぶっかけやがった。

「おい!」と俺は言ったが、それはもう後の祭り。「すいません…」と謝られても、取り返しはつかない。「まぁしょうがないじゃん。この際だから、皆でぶっかけようぜ」怒る俺に、笑いながら部長Eが言った。

「おい! ふざけんなよ」と抗議したが、次々に射精されていく俺のデラべっぴん。こうなりゃヤケだ! とばかりに、俺もぶっかけようとした時だった。

ガチャっと部室のドアが開き、女子バレー部のT先生が入ってきた。20代前半、かわいいと評判のT先生が何故!? 俺達は絶句した。

部室に入るや、ガチャっとドアを閉じる先生。急な入室に対処できずに先生の目の前で射精してしまう俺。思わず「きゃっ!」と声をあげる先生。

恥ずかしかったが、射精はとめられなかった。先生の前で、ドクドクとザーメンを垂れ流した。

「お…終わったの?」俺の射精する姿を、ジッと見つめていた先生がちょっとどもりながら聞いてきた。「あ…はい! 終わりました」とバカみたいに答える俺。

先生は「終わったなら、みんなズボンをはいて!」ヒソヒソ声ながらも、ハッキリとした口調で言った。

俺達は情けない顔でズボンをはき、先生の前に項垂れた。

夕方も遅くなっていたので、見回りに来て気がつかれたらしい。調子にのったDVDの音が、外に漏れていたのだ。

先生はひとしきり説教をし「今回は黙っていてあげる。年頃だし、したくなっちゃうのは仕方が無いけど、今後学校ではしないこと!」と言って、かたずけを手伝ってくれた。

「これは…学校のゴミ箱には捨てられないから、私が焼却炉に捨てておきます。皆はもう帰りなさい!」俺達のザーメンにまみれたデラべっぴんを嫌な顔ひとつせず手に持ち、先生はお咎めなしで俺達を帰らせてくれた。そして、この事を内緒にしてくれた。

俺達は先生の優しさに本気で感動した。そして二度と部室でオナニーすまいと誓い合った。

その日以来、先生とは顔を合わすと「…また部室でしてないでしょうね?」「やってないすよ! 家でしてます」「そっか、安心(笑) でも、やりすぎだってよくないんだからね!」とか冗談で言い合える関係になった。

俺達の事をすごく気にかけてくれて、相談にものってもらった。進路だけじゃなく、友達とのもめ事や、恋愛相談にも嫌な顔ひとつせず聞いてくれた。

あれから6年。俺達7人は先生と未だにメールする仲だ。在学中は学校の外では絶対に会ってくれなかったが、今では飲みに行ったりしている。もう、気兼ねなく何でも話せる仲間だ。俺は集団オナニーが生んだ奇跡の関係だと思っている。