従姉妹の みっちゃん(1)|従姉妹との体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

従姉妹の みっちゃん(1)

投稿日時:2010/06/11 15:40カテゴリ:従姉妹との体験談

少しエッチなんですが、まずは自分の体験談を。 
まだ幼かったころのお話で、実話です。 
僕より2つ年上で、小学校の僕から見ると、中学校に上がった 
ばかりのみっちゃんはとても大人びて見えていました。
親戚の中で最もかわいらしく、機転のきく女の子。
それがみっちゃんでした。 
かわいらしいというより、今から思えば美しい少女が持っている全ての仕草や身のこなし、
かしこさ、近寄りがたいような存在感、何を考えているかわからない神秘性を持っていました。会う人を一瞬で恋に落としてしまうような。。。 

でも、そのあこがれのみっちゃんとの、今思い出しても、それが現実だったのか信じられないくらいのエッチないくつかの出来事は、やはり忘れられません。 

彼女は少し遠くに住んでいたので(小学生の僕から見れば)、会えるのは年に数度でした。 
法事やお正月があると必ず顔を合わせるので、いつもその日は楽しみでした。
でも人気者のみっちゃんはいつも10人くらいいるいとこのなかで取り合いのようになってしまう。 
そんななかで、どうしたらみっちゃんを独り占めしてたくさん話せるかな、
とそんなことばかり考えていました。 

そんな春の頃です。彼女は中学生になったばかり。
5月のGWに、遠い親戚のお葬式があって一同が会しました。 
小学生にとって誰だかわからない人の葬式は退屈でしかありません。
僕は制服姿のみっちゃんが焼香をしている後ろ姿の成長した美しさにどきっとした以外は、そのあとみんなでどうやって遊ぼうかと、そんなことばかり考えていました。 
ある男の子が「かくれんぼをしたい」と言い出したので、みんなでやることになったのですが、
みっちゃんは「お姉ちゃんはみんながズルしないように見ていてあげる」と言いました。 
みっちゃんが一番年上で、他の子達は弟を含め、みんな僕と同い年か僕より年下でした。
ぼくは 
「中学生になったら遊ばないのかな。それとも具合でも悪いのかな」 
と思ったのですが、みんながいくらみっちゃんを誘っても明るい笑顔でかわされるばかりでした。 
謎めいてますます美しくなったみっちゃんの仕草の裏に隠された意志の硬さに圧倒されるばかりで、
みんな「残念。。」と思うしかありませんでした。 

じゃんけんでオニが決まりました。
みっちゃんが少し離れたところに佇んでいるのを横目で確認しながら、隠れる場所を探そうとしたその時でした。 
彼女と目が合うと、彼女が僕に手招きしています。 
フラフラと夢遊病者のように近づくと、 
「ゆきちゃん、私がかくまってあげる。こっちにおいで」 
と僕の腕を取ったのです。 

「えっ?」 
と思う間もなく手を引かれ、オニのコを視認できるくらいの距離にある濡れ縁のところに連れられました。 
彼女はそこに浅く腰掛け、僕を急がせるような口調でそれでもやさしく、 
「ちょっと座って」と言い、言うとおりにすると、 
「この中に隠れていいよ」 
と僕を制服の長いスカートですっぽり包み込んだのです。 

 一瞬何が起こったのかわからなかったのですが、「もおいいよォォォ」という声が聞こえると、
「絶対に見つかってはならない」という本能的な反応で、ぼくは彼女のスカートの中で身をかがめました。 
スカートのふくらみが不自然に見えないようにするためには、ぼくは彼女の広げた足の間で、
彼女の股間に顔を向ける必要があり、一瞬の本能的な反応の連続で自然にそんな体勢になりました。
スカートがなければ、ぼくがひざまづいてクンニしているような体勢です。
当然そこに見えた光景は、まさに目の前に(というより鼻のすぐ先)にある彼女の薄い生地のパンティーでした。 

あこがれのみっちゃんのあそこが目の前に。。。。 

 僕はくらくらしそうな気持ちを押さえながら、彼女のスカートの中で小さくなっていました。
これがみっちゃんのにおい・・・。たまらずおちんこが勃起してきました。 
「ゆきちゃん、あたまを下げて。ばれちゃうよ。。。」みっちゃんがあわてて、そしてささやくような小さな声で言いました。 
 うずくまった姿勢で顔だけ上げていると、浅く浅く腰掛けたおしりのくぼみと、みっちゃんの股間が、まさに目の前に迫っています。
でも、顔を上げた姿勢のままだとスカートがこんもり盛り上がってしまうようで、恐らく周りから見るとみっちゃんの股間が不自然にもりあがってしまうのです。 

 ぅん・・声にならない声を出して慌てて顔を下げました。
すると、みっちゃんがきゅっと両足で僕を締め付けてきました。
みっちゃんのやわらかい太もも。なんて素敵な感触だろう。
もう一度顔を上げてもっと見たい。そう思うと、胸の鼓動がばくばくと波打つばかり。もう、何でこんなことになっているんだろうなんて考えは飛んでいました。 

 みっちゃんの太ももに挟まれたスカートの中は、5月の外気からは隔絶されていて、少しじわっとした感じがしました。
心なしか甘酸っぱく、すこしおしっこの匂いがしているような、そんな感じでした。 
「いま、だれも居なくなった。でもまだ出てきちゃダメだよ」 
「苦しくない? 風を入れてあげようか」 
 そういうと、スカートをひらひらとはためかせてくれました。
涼しい風が入ってきて、同時に外の光に照らされたみっちゃんのやわらかい肌色がより鮮やかに見えました。
「見つかっちゃうよ・・」と言うと、大丈夫、危なくなったら言うからと、みっちゃんは締め付けていたももをすこし緩めました。 

ぼくの頭の中では、外で起こっていることが気になって仕方ありませんでした。 
いつか見つかってしまうんじゃないか。でもずっとこのままでいたい。見つかったらどうしよう。。と。 
「みっちゃん、あの(このあとどうしたらいい?)・・」 
と言いかけながら、殆ど無意識に再び顔をもち上げてしまいました。 
僕のおでこがみっちゃんのおまんこのところをなぞるように経由して、顔を上げると、もう本当に目の前にみっちゃんのあそこの部分が。 
「あん、だめだよ。。。」と初めて女の人の色っぽい声を聞きました。 
みっちゃんはそれと悟られないように、ふたたび平静を保ちながら「あたまを下げて」と小声でささやきました。
そのささやきはまさに耳元で聞こえたので、みっちゃんは前かがみになるような姿勢で言ったのだと思います。 
少し暗さが増したような気がしました。
その瞬間なぜか「もう出る」と言いながら、ほんとうにわざと、みっちゃんのあそこを隠している薄い黄色のパンティーに鼻先と口をズブッともろに押し付け、
そして次のタイミングで、まるで潮が引くのと同時に貝殻が沖に流されるような感じで後ずさりしながら、僕はスカートの中から脱出してしまいました。 

「みっちゃん、また隠れるときにして」 
と言って、違う隠れ場所を探そうときびすを返した瞬間、うつむき加減のみっちゃんが頬を少しピンク色に染めながら、
僕に目を合わせないままコクッとうなずくのが見えました。 

 そのあと、みっちゃんは家の中に入ってしまったらしく、遊びの最中はでてきませんでした。 
 そのあとはなぜか、僕も自然にみっちゃんを避けていたかもしれません。
いよいよ帰る時間になっても、結局それきり、みっちゃんとは会話らしい会話をしませんでした。
「あれは何だったんだろう?」と思いながらも、またみっちゃんに触りたい衝動と孤独に闘って、なんであんなにすぐに出ちゃったんだ。と後悔しながら、寂しい気持ちで家族と家に帰りました。 
 僕は小学校の4年生の終わりごろに、射精を覚えました。
初めての自慰は偶然で、それからの自慰は、「エッチな気持ちになると自然に勃つおちんちん」を、触ったり激しくいじったり。いじってると気持ちがいいという理由だけで乱暴にこすって、ただおちんちんの快楽だけを求めるものでした。 
 でも、その次の日は、初めて現実にいる女性の匂いの記憶で、みっちゃんのおまんこを隠していた薄い黄色のパンティーと、おしっこの匂いが混ざったような、それでいて甘い匂いの記憶で、オナニーをしました。 

 寂しい別れ方をしたので、オナニーのあとは寂しい気持ちがしました。
その時はまさかその何ヶ月かあとに、みっちゃんと本当にスケベな時間を過ごすことになるなんて、夢にも思っていませんでした。 
 いま考えても、それが本当に起こったことなのか、信じられません。 

 それからも何度かみっちゃんとは顔を合わせることがありましたが、彼女が実はスケベな一面を持っていることなど、誰も知らないし、僕ともあれから特別なことが無いまま時間が過ぎました。
だから「あれは幻だったのかなぁ。スケベなことでも何でもなかったのかな」と思うようになっていました。 
 肩まで伸びたサラサラの髪の毛、澄んだ声とくっきりした少し強い瞳。彼女は絶対に学校でもモテているに決まってます。
彼女も僕も学校では学級委員をやったりするようないわゆる良いコだったので、普段どおりにしていると、まさかあのみっちゃんが、と思えてしまうわけです。 

 でも、次があったのです。 
翌年の夏休みでした。僕は小6、彼女は中学2年生になっていました。 
 夏休みにはいったばかりのある日、みっちゃんが彼女のお母さんとウチに遊びに来ました。 
 中2になったみっちゃんは、前にも増して、清純さと色っぽさをまとっていました。彼女が僕のほうへ振り向くと、さらさらな髪の毛がその動きにほんのちょっと遅れて漂い、洗った髪の香りが僕の鼻腔を刺激しました。
もう、そこにいるだけで気が変になりそうな。
 
 その日は弟が学校の行事か何かで一日中いなくて、父親は仕事。母親同士も昼から出かける予定で、僕もみっちゃんも母親と一緒に4人で出かけることになっていました。 
 ところがみっちゃんが「ちょっとお腹が痛いの。私はやっぱり行かない。お母さんたち行って」と言い出したのです。
『えーっ、みっちゃん行かないのぉ!』と僕は思ったのですが、ウチの母が「たいしたことが無いなら家でゆきと一緒に留守番していてもらっていい? お前(僕)も連れて行ったら喜んだだろうけど、家でみっちゃんと一緒に留守番していてくれる? みっちゃんをひとりにはしておけないから。看病してあげてよ」と言ってくれたのです。 
 僕の心の中ではそれはもう、ガッツポーズの嵐! でした。
 でもすぐ後で、それはみっちゃんの計算で、演技だったということがわかることになるのです。 

 母親達は6時ころに帰る。と言って出かけました。
弟も夜までは帰ってきません。親が出たすぐ後、心配そうにみっちゃんを見ていた僕に向かって「実はお腹痛くないよ。仮病なんだ」と言って彼女はペロっと舌を出しました。 
「ゆきちゃん、何して遊ぼうか」と彼女が切り出しました。 

 あっけに取られたので僕が言えたのは「な、な、なんでもいいよ・・」

(間)

「みっちゃんは何したい?」
「「う〜ん、ゆきちゃんは?」

・・・そんなやりとりがいくつかありました。
あの日の、みっちゃんのおまんこを隠していたパンティのふくらみがフラッシュバックして、そのパンティから漂ってきた匂いが一瞬にしてリアルによみがえってきました。だから、トランプしよっとかオセロとか、安易に言いたくなかったのです。 
 じゃぁ・・・・と、まるで犯人を言い当てる探偵のような核心を秘めた言い方をしながら、豹のようなしなやかさで彼女は立ち上がりました。
そして全く無駄のない動きで、小学生用の図鑑と鉛筆を取り出し、再び絨毯の上にそれを置いて座ると、
ここに書くから、読んでと言いながら、本の裏表紙の隅っこのほうに、小さく、本当に見えるか見えないかくらいに小さく、
『ぇっちなことならなんでもいい』

と書いたのです。 
  
「ほんと? に・・?」と僕が鉛筆で。 
 じゃあ、じゃんけんで脱がしっこ ・・・ しよ。 
 (みっちゃんの字と同じくらい小さな字で) 
  

 僕がもっと幼かったころ(小3くらい)、友達と時々、こそこそとそんな遊びをしていたのです。友達の家とか倉庫の中とかで。 

  
 いいよ。 

  
 じゃあ、勝った方が負けたほうを脱がすんだよ。 

  
 ・・いいよ。 
 彼女の頬がみるみるピンク色になってきたのがわかりました。
どうしたらよいかわからないくらい可愛い。 
 僕もおそらく顔は晴れ上がらんばかりに赤かったとおもいます。
興奮しながらも、それでも平静を装いますが、心臓が飛び出しそうなくらいドキドキしているのです。 

 その日はわりと涼しい日で、窓から涼しげな風が入ってきます。とはいえ夏の昼です。 
 彼女が着ているのは、白の半そでのブラウスと膝くらいまでの綿(だと思うのですが)のふわっとしたスカートだけ。足元には小さい靴下を履いて。 
 僕はTシャツとGパンに靴下だけど、見た目彼女のほうが薄地だし、見た目の厚さ加減だけで視覚的に勝利を確信してしまいます。 
 じゃあ、いくよ・・ 
  
 うん いいよ 

  
 せぇえの、 

 じゃんけん、 

  ・・・!! 

 それは子供部屋の真ん中の絨毯の上で、向かい合って座っている状態で始まりました。
  <勝った!!!> 

 最初のじゃんけんで勝った瞬間は、これから踏み出す未知な領域への魅惑的な興味で一種のトランス状態になった感じでした。宙に浮いているような。。 

 ・・ゆきちゃん、、、本当に脱がなきゃいけないの・・・?  

 ほぼ鼻息といっしょに、「そうだよ」「全部取られたほうが負けっ」 
 なんとか平静を保ちながら「靴下でもいいんだよ」 

 わかった。じゃあ靴下ね。 

 少し安心したのか、彼女がいたずらっぽい表情で、左足をスッと突き出しました。 
  
 いよいよ踏み出してしまう。。。この手が彼女の足に触れたら、世界がきっと変わってしまうのではないかという予感。
甘美、というにはまだ幼さと無邪気さが混ざりすぎていて、でも大人への階段なんていうありきたりの常道とは全く無縁の、初めて踏み込む 背徳 の匂いがする世界。 

  

足首に触れたとき、一瞬みっちゃんが「ビクン」と痙攣したように見えました。

「ああ、これが・・・」と思いながら、ゆっくりと靴下を下ろして、踵のほうへスライドさせます。 
踵のところでは靴下を引っ張らないと踵を通過させられないのに、力加減がわからなくて。僕の手も少し震えていました。 
 焦っていると悟られたくなくて、なんとか平静を保たなきゃと思う、その1〜2秒は味わったことのない緊張と興奮でしたが、
その刹那、みっちゃんが足に少し力を入れ、踵を宙に上げてくれました。
上体を後方に倒して、華奢な両手でその体重を支える格好で、片膝をたてて、もう一方の脱ぎかけの靴下のある足先をバレリーナのようにのばしてくれました。 
 爪を切ってあげている状態なら自然に見えるのでしょうか。 
 その体勢でなお靴下を脱がそうとすると、脚全体が微妙に動き、僕の方から見ると、太股の付け根近くまで、ちらちらと見え隠れします。 
  
ああ、、、この中に、みっちゃんのあそこが。。 
足首のくるぶしのぷくっとしたかわいらしいふくらみ、小さな指、白くなめらかで柔らかいふくらはぎ、もっと上に上がっていきたい。。
ぼくは気持ちに逆らわず、少し太股が上がった瞬間に、「なにいろ〜?」とか何とか言いながら、ちょっとふざけた感じで中をのぞき込もうとしました。 

「まだでしょ。」 
と、そうゆう瞬間に機能するためだけに授けられたような優しい筋力で、きゅっと股間を絞められてしまいました。 

 なんとか脱がし終えた靴下は、そっと僕の右脇に置きました。 

『まだでしょ。』こんなに興奮させる言葉を僕は知りません。 
この間ほんの1〜2分だったのかもしれません。 
でもこのわずかな時間が、エッチな気持ちを無制限に解放していいんだということを、無条件に認め合うことを確認する時間になりました。
そして、その秩序(ルール)をも、暗黙のうちに二人に確認させた時間になった。。と言えるかもしれません。 
 次の勝負でも僕が勝ちました。 
 そして、みっちゃんのもう一方の靴下を脱がしました。 

  
 期待と興奮でブレンドされた僕の情動は、寒くもないのに指先を微妙に震わせ恥ずかしい気持ちをさらに高めます。
でも、さっきよりも「脱がす」という行為に慣れ、その感触を楽しむ(というより味わう)くらいまで近づきつつあったとも思います。 
<裸足>というのが、こんなになまめかしいなんて。。このくらいから僕のおちんちんは、痛いくらいに大きくなっていました。
僕は恥ずかしさから、それを悟られないように、腰を後に引き気味にしながら、次の勝負に備えました。 
Gパンの厚みと硬さはこうゆうときに非常に困ります。
穿いている状態で勃起することは想定していないのでしょう。
もはや腫れあがったちんぽを収納するには、生地の柔軟性が乏しくて、僕は「早く脱ぎたい」という衝動に駆られ始めました。 

 じゃんけんの攻防は一進一退。・・・・というより、一進二退でした。 
ト ホ ホ です。 

 次の勝負から僕は3回連続で負けてしまいました。 

 彼女が「どれ(を脱がして欲しいの)?」と、上気した顔を隠すように静かにささやく声で言い、 
 僕はいきなりGパンを指名できるわけもなく、負けた悔しさをわざと見せるように、口を尖らせながら
「靴下に決まってるじゃん」と返しました。 
 じゃあ足を出して。
といたずらっぽく言いながらも、彼女は僕の目を見ることなく、なめらかな指使いで、上手に僕の靴下を脱がしてくれました。 
 脱がしてもらう。という行為を、このときまで両親以外にしてもらった記憶はありません。
生まれて初めて、好意を持っている女の子から脱がしてもらう、というこの瞬間は、明らかに別世界でした。
時間の流れと実際の行為がかみ合わないような不思議な感覚。。。世界が何か変わった瞬間でした。 

 もう一方の靴下、そしてベルトが立て続けに、彼女の「手」によって、僕の身体からやさしく、はがされました。僕の身につけていたものは、軽く畳んで傍らに置いてくれたのが、キチンとした彼女の人柄を見るようで、
なぜか僕は益々欲情してしまいました。 

  
 肝心な次の勝負も僕が負け、とうとう上着を脱がされました。 
 もう、勃起したおちんちんに、彼女はとっくに気づいているはずです。 
  
 「最期の一枚までだよね」 
 と、わざと勝ち誇ったような言い方で、表情意地悪く彼女が確認してきました。 
 僕はそれには応えず、<絶対に負けられない>と言う気持ちで次の勝負を急ぎました。