カツアゲ|逆レ●プ体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

カツアゲ

投稿日時:2007/02/16 15:13カテゴリ:逆レ●プ体験談

高校の時のこと。公営プールで競泳パンツ姿で真面目に泳いでいたら、クラスの女子のグループが入ってきた。 
このグループは殆ど女子生徒ばかりのうちの学校で、ワルでハバをきかせていて 
もちろんローファーはサンダル履きでパンツがみえるミニスカ姿。 
授業中に携帯電話したり、タバコを吸ったりしても教師が手を出せないでいる始末。 
その日も、公営プールだというのに、小さくて過激なビキニでヘソピにタットゥーのスタイルで泳ぎもせず、 
ジャグジーや流水プールでふざけていた。 
プールの休憩時間、遊泳者は全員、水からあがらなければならなかったが、俺は彼女たちに見つかると怖いので 
人気のない採暖室に隠れていた。ところが、ドアが開き彼女たちが入ってきた。 
俺をみつけると「あ、H君じゃん」、俺の競泳パンツを遠慮なくみて「へえ、H君、こんな小さな水着はいてんだ。恥ずかしくないの?」 
なんていいながら4人が俺を囲むように座り込んだ。皆女子高校生だというのに、豊満な体に食い込むような小さなビキニ。 
目のやり場に困りながらもムラムラして少し勃起すると、「起ってんじゃねか」とバレてしまった。 
そして巧みな指先で股間を少し触られると、すぐに俺のPは小さな競パンから突き抜けはみ出てしまった。 
慌てて隠そうと競パンの前をがんばって引っ張ったが無理で、女子グループに爆笑されてしまった。 
そのプールの帰り、出口のところで待ち伏せしていたグループは俺に向かって 
「今日穿いてた水着貸してよ。」「今日のこと学校で言ってもいいのか?」と脅して、俺は水着を取り上げられてしまった。 
そして次の日朝学校へ行くと、後ろの黒板に俺の全身の似顔絵が描かれていて腰の部分に昨日、カツアゲされたパンツが 
貼り付けられていた。そして吹き出しで「Hです。いつもこんなパンツ穿いてます。パンツが小さすぎて前がはみ出ます」と書かれていた。 
自分たちの方がイヤらしい水着だったくせに、、、と思ったが、何も言えずにパンツを取り戻して、黒板拭きをしたのだった。 
クラスの女子は皆大爆笑だった。