きっかけ|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

きっかけ

投稿日時:2008/08/15 12:21カテゴリ:学校での体験談

高校2年の時。
自分が休み時間に校舎内をぶらぶら歩いてたら、部活の後輩Aさんが、なぜか別の後輩に羽交い締めにされてる場面に遭遇した。
Aさんは、少し天然系でお嬢さんタイプの女の子だ。
2人に話を聞いてみると、ただ単にふざけ合ってただけらしい。
Aさんの無防備な体勢を見て悪戯心を刺激された自分。
「くすぐっちゃおうかな」
と言いつつ、Aさんから少し離れた位置で指をわきわきさせ、くすぐるふりをしてみた。
「キャー!」
Aさんは相当くすぐりに弱いらしく、指が体に触れてないのに笑い出した。
そんなAさんの様子が面白くなって、くすぐるふりを続ける自分。
Aさんは半ばパニック状態で、激しく暴れながら笑い続けた。
そして10数秒経った頃。
「もういやあぁぁ!!」
絶叫とともに、Aさんの脚が振り上げられた。
そして勢いがついたつま先は男性の急所、股間にきれいにめり込んだ。
「うごぉぉおお!!」
目の前で火花が散った。
今まで味わったことがない強烈な痛みに自分はその場でくず折れ、激しくのたうち回った。
仰向けになってひくひく痙攣している姿は、何とも情けなかっただろう。
「ご、ごめんなさい!」
羽交い締めを解かれたAさんが、焦ったような表情で近寄ってきた。
「だ、大丈夫ですか?」
Aさんは膝を閉じて和式トイレにしゃがむような体勢で、自分の顔を覗き込んできた。
脚の間から、ピンク色のチラリズムがローアングルではっきり見えてしまった。
自分がそのことについて触れる前に、Aさんは全く予想できない行動を取った。
何と自分の股間に手を伸ばし、優しくなでなでしてきたのだ。
どうやらAさんも相当気が動転していたらしい。
「うわ馬鹿さわるなあああ!!」
慌ててAさんの手を振り払い、股間を押さえる自分。
自分が何をしたか気づいたか、顔を真っ赤にして恥ずかしがるAさん。
さらに襲いくる痛みに悶絶する自分。
何度もごめんなさい、と繰り返すAさん。
別の後輩は、その光景を見て一人で大爆笑してたのであった。

数週間後、自分はAさんに告白され、お付き合いを始めることとなった。
世の中何がきっかけになるかなんて、本当にわからないもんだ。