キス痴●|痴●した・された体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

キス痴●

投稿日時:2015/02/02 17:44カテゴリ:痴●した・された体験談

超地味な痴漢体験談です。

僕が大学生のころの話。経験は恋人と1回2回ってぐらいのうぶな頃。
女性の本能ってやっぱ凄いんだなーと思った体験談。
(そんなにエロくないです)

とある私鉄で長距離通学していました。
ある日の帰宅途中、座っていると、隣の女性が居眠りして、頭ガクンガクンしていました。
ちらっと見るときれいめな感じだったので、僕に寄っかかって欲しいなーと思い^^;
体を女性にグッと近づけてみました。

案の定、こちらにもたれかかってくれて、僕の右肩に、女性の頭の重みがずしり。
もちろん、ふんわりと良い香り。
これだけですごい興奮してしまいました。

ここからまだ15分以上はどこにも停車しない電車です。
しばらくこれが味わえる。
・・・いや、もっと何か良い思いがしたい。。。

そこで僕は、腕を組んで、足を組んで、自分も狸寝入りすることにしました。
この姿勢になると、自分の手で、自分の肩をつかんでも不自然じゃありません。

そう、ぼくの手の上に、女性の頭を乗せてみようと思ったんです。

これが大成功。
耳と髪の毛の感触が手の甲にずっしりと。
ちょっとずらせばほっぺただと思い、頑張って動かすと、超柔らかい!
綺麗なお姉さんのほっぺの感触が、手の甲にふんにゃり。
やったー。

・・・ってことは、うまく指を伸ばせば、周りにバレずに、、、
唇が触れるんじゃなかろうか。

変態の可能性は無限大。
僕は頑張って唇を触ることにしました。
寝たふりしながら、恐る恐る中指を伸ばすと、ぷるんとした感触!
彼女以外の女性の唇触るなんて初めて!
ド変態でした。

人差し指も伸ばして、2本の指で唇アタック。ぷにゅんぷにゅん。
電車の揺れもあって、時折口の中に入っちゃったりして、さらに満足。
・・・それでも起きなかったので、お酒でも入ってたのかもしれませんね。

電車の中でもたれかかってくる人って、何回か起きるじゃないですか。
その女性も、時々起き上がっては、また僕の方にもたれかかってくるんです。
本当にラッキーでした。

でも、毎回必ず唇に触れるし、回を重ねるごとに、そんなに指を伸ばさなくても、楽に唇痴漢が出来るようになってきました。

少し気になって、薄目を開けて、女性の方を見ると、、、
何と、キスするように唇を突き出していて、しかも口から先に寄っかかって来ていたんです。
・・・起きていたのでしょうか。
そんな気はしなかったので、多分、大好きな人とキスしている夢でも見ていたんじゃないかと思うのですが・・・。

夢のような光景でした。
きれいな女性が、ツンとキス顔で、僕の方に向けて倒れてくるだなんて(笑)。
・・・下品な変態です。
5分ぐらいは味わうことができました。忘れられない思い出です。

以来、僕はキス痴漢になりました。といっても超ヘタレですが。
超満員電車で、立ったまま寝ている女性を見つけると、顔がカクンとなった時に、偶然当たる位置に手を持ってくるようになったんです(笑)。
もしくは、座っている女性で、頭がグワングワンなっている人の前に立って、ここでも偶然当たる位置に手を構えます。

そんなにうまくいくのかと思うのですが、これが意外にできるんですよ。
1/3ぐらいの女性は無反応。
1/3ぐらいは、すぐに我に返り、そっぽ向きます。
残りは、、、上記の女性のように、どちらかと言えば、積極的に(ねぼけながら?)チューしてきます(笑)。

終わった後、手に残った口紅やグロスがエロくてエロくて。
1年ぐらいはこんなバカなことを一生懸命やっていました^^;