CFNM体験~水泳の補習授業で女..|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

CFNM体験~水泳の補習授業で女..

投稿日時:2014/12/13 04:25カテゴリ:学校での体験談

私が高校1年生のときに体験した話です。
勉強があまり得意ではなかった私は、偏差値の低い田舎の高校に通っていました。 
入学前は、不良しかいない学校だと周りから聞かされていたので、まともな高校生活を送れるか不安でした。 
しかし、私が入学する数年前から、入学試験に面接を取り入れて不良の入学を防いだり、校則の強化や厳しい指導により、不良が自主退学するなどして、校内風紀が改善されたようで、むしろ中学時代よりも平和だと思うくらいでした。
夏になり、体育の授業で水泳が始まりました。 
1学年が2クラスの小規模な高校なので、水泳は男女混合、2クラス合同で行います。 
中学時代、水泳は男女別で女子のスクール水着姿をほとんど見られなかったこともあり、最初の授業の前日は、やっと女子の水着姿が見られると思うと興奮してなかなか寝付けませんでした。
しかし、いざ授業が始まってみると、グラウンド横の屋外プールに、男子のほとんど全員が水着を着て整列する中、なんと水着を着た女子の姿は7、8名で、残りは制服を着たまま見学していたのです。 
1クラスに40名、その約半数が女子なので、約8割の女子が授業を休んだことになります。 
中学時代もそうでしたが、女子は髪が濡れることや、水着になるのが恥ずかしいなどの理由で水泳の授業を休むことが多いです。
それにしても見学者が多すぎる理由は、別にスポーツが盛んでもないにも関わらず、学校指定の水着が水色のハイレグ競泳水着だったからというのが大きかったのではないかと思います。 
当時、ひざまであるレスリング選手のようなスパッツ型の水着を採用する学校が増えていた中、思春期の女子高生には、このような露出の多い水着を着て男子の前に出る勇気が無かったのでしょう。 
実際、私たちの翌年度の入学生からは紺色のスパッツ型水着になり、おまけに制服も変わりました。 
ちなみに男子の水着は、女子と同じ水色で、競泳用のブーメランパンツでした。 
中学のときにはトランクス型の水着だったので、この水着はけっこう恥ずかしかったです。
男子には事前に、水泳の授業を休んだ場合、必ず休んだ回数分の補習授業を受けなければならず、できなければ留年だと、体育教師であるT先生から厳しく言われていたので、本当に体調不良の者を除き全員参加でしたが、T先生も女子には多少甘いところがあるためか、あまり本気にされていなかったのかもしれません。 
ですが、実際に上級生には留年した、留年が決定したので退学したという人が数人いて、補習を受けなければ留年というのは本当でした。 
T先生も、女子の8割が見学など授業にならないため、改めて厳しく言ったのか、2回目の授業からは女子も8割程度がしっかり授業を受けるようになりました。

 

同じクラスの女子をオカズにオナニーをしたことのない男性はほとんどいないのではないでしょうか。 
ついさっきまで一緒に話していた娘が、このように露出の多い水着姿で、手の届きそうなほど近くにいるのです。 
背中が大きく開き、元々、半分ほど見えているお尻に水着が食い込むと、ほとんど全裸に見えます。 
乳首の突起こそ確認できませんでしたが、股間部分は陰毛を剃った跡が残っている娘や、中には毛が少しはみ出ている娘などもいて、私はいかにして勃起を抑えるかということにかなり苦労しました。 
たとえ好みの娘でなくても、同じクラスというだけで、思春期の男子には充分すぎる刺激でした。 
私は一度プールサイドにいるときに勃起してしまったのですが、丁度ビート板を持っていたため、なんとか隠すことができました。 
他の男子の中には勃起したところを見られてしまったやつも何人かいて、手で隠しているのですが、もちろん不自然な恰好になります。 
それを見た他の男子は笑いながらそいつを茶化すのですが、それに女子が気付き、一人のギャルっぽいMという女子が大きな声で
「あ〜! (名前)チンコ勃ってる〜〜!」
と言ったので、全員爆笑するということが何度かありました。
また、後ろから海パンをずり下げるというイタズラもあり、濡れたブーメランパンツは足首くらいまで下げられると、水着がクルクルと丸まってしまうので、すぐに上げることができず、数秒は全裸を晒すことになってしまい、その間、みんなから尻を叩かれるのでかなり恥ずかしそうでした。
そんなイタズラをT先生も特にやめさせようとせず一緒に笑っていることも多かったためか、こういった行為が毎回行われるようになり、私もいつか女子に裸を見られてしまうのかなと思いつつも、みんな楽しんでるし、そうなったらそうなったで面白いかなとも思うようになりました。
私は結局水泳の授業を2回、風邪で欠席し、2回は女子の水着姿をよく見るために、水着を忘れたふりをして見学したので、合計4回の補習を受けなければなりませんでした。 
補習授業は全学年合同で放課後行われ、授業時間と同じ50分間、ただひたすらクロールか平泳ぎで25mプールの向こう岸まで泳ぎ、一度上がってから歩いてプールサイドを戻り、最初の地点からまた向こう岸まで泳ぐというのを繰り返すだけでしたが、授業では見られない上級生の水着姿も見られたので、退屈はしませんでした。
そしてきちんと4回の補習を受け、1年生最後の水泳の授業も終わり、期末試験も終わったころのある日、帰りのHR前の掃除の時間中、私は体育教官室への呼び出しを受けました。 
T先生によると、私は水泳の補習を3回しか受けておらず、あと1回分残っていて、今日、成績を決めるから、今日の最後の補習を受けなければ留年するというのです。 
たしかに4回分の補習を受けた記憶のある私は反論しましたが、見せられたチェック用の名簿には印が付いていませんでした。 
きっとT先生が付け忘れたか、名前を間違えたのだと思いましたが証拠がありません。 
きちんと確認しなかった私も悪いのですが、最終日である今日の今まで何故言ってくれなかったのかとパニックになりかけました。 
もう水泳の授業は終わっているため、水着を持って来ていなかったのです。 
家に取りに帰ろうにも片道に電車で1時間かかるため、時間が足りません。
「終業式までまだ1日あるし、明日じゃダメなんですか?」
と聞きましたが、
「成績を付けるのは今日までだし、お前だけを特別扱いはできん」
と言われてしまいました。
このT先生は、正に典型的な体育教師という感じなのですが、根は悪い感じはせず、熱心な指導をするので生徒からはそこそこ人気がありました。 
私も嫌いではなく、T先生に悪意があったのではないと思います。 
それでも留年というショックな現実を受け入れらず、
「・・・どうしたらいいですか・・・・・・?」
と泣き出しそうになりながら相談すると、
「それなら今日で最後だし、水着が無いなら特別に裸で泳いでもいいぞ」
と言われ、私は最初それを冗談だと思いました。 
しかし、T先生は真面目な表情でした。 
私は留年というショックから、何の反応もできずにいると、
「Kもお前と同じであと1回残ってるが、さっき呼び出して裸でやるか?って聞いたら、やるって言ってたぞ」
と言うのです。 
Kというのは隣のクラスの男子で、お調子者な感じのやつです。 
他にも仲間がいるということを聞き少し安心しましたが、それと同時に、裸で泳ぐという提案が冗談ではないとわかり、心が揺れました。 
今まで水泳の授業で脱がされたとしても、それはほんの数秒だけだったのに対し、初めから全裸なら見られ放題です。 
そこでT先生に質問しました。
「今日はKと自分以外には何人いるんですか?」
するとT先生は
「補習が残ってるのはもうお前らだけだ」
と言うので、かなり迷いましたが、留年は嫌だし、見られるのはKとT先生だけならいいかと思い、
「それなら自分もやります」
と返事をしました。
そして放課後、男子の更衣室に向かいました。 
男子の更衣室はプールから150mくらい離れていて、中庭の端にあります。 
この更衣室は、本来体育館での授業のときに使うもので、プールの前にも別に更衣室があるのですが、それは水泳時の女子専用になっているので、男子は使えない決まりになっていました。 
更衣室には誰もおらず、そこで制服、下着を全て脱いで、一糸纏わぬ全裸のフルチンになりました。
隣のクラスは先にHRが終わっていたので、更衣室の棚には、Kのものと思われる制服の上に、いつもKが首に巻いている小さなタオルが置いてありました。 
うちの高校では、タオルをプールサイドに置いておくと他人のものと間違えるという理由で、必ず更衣室に置いておかなければならないという決まりがありました。 
2人なら間違えないだろうとも思いましたが、留年がかかっている中、T先生を怒らしてはいけないと思い、Kも置いて行っているようなので、私も置いて行くことにしました。 
しかし、そうなるとプールまでの道中も完全にフルチンになってしまいます。 
身に着けているものと言えば、T先生が貸してくれた、誰かの落とし物らしい学校指定の水色の水泳キャップだけです。
プールまでは中庭、グラウンドの端を抜けなければいけませんが、中庭は帰り道である正門と反対方向だし、グラウンドも、テスト期間から終業式までの間は部活も行われていないので、誰にも見られないだろうとは思いましたが、もし見られたらと思うと・・・更衣室のドアを開けるとき、改めて自分の姿を確認し、緊張で手が震えました。
意を決してドアを開け、両手で股間を隠し、前屈みになって小走りでプールに向かいました。 
かなり情けない恰好だったので、このときに誰にも見られず本当に良かったと思います。
なんとかプールまでたどり着くと、そこには自分と同じフルチンで水泳キャップだけのKと、いつものTシャツに短パンのT先生がいました。
「早く始めましょうよ」
と、私はT先生に訴えましたが、T先生はペンを持ち、黒いファイルに何か書いていて相手にしてくれません。 
プールサイドではまだ誰かに見られる可能性があったので、落ち着きませんでした。
私がプールにたどり着いてから5分ほど経ったとき、ついに事件が起こりました。 
最初に裸で泳ぐことを提案されたとき、一番恐れていたことが現実になったのです。 
なんと、プールのすぐ前にある女子用の更衣室から、水着姿の女子がぞろぞろと出てきたのです。 
私は何が起きたのか一瞬理解できませんでした。 
手で隠しているとはいえ、フルチンであるということはバレバレです。 
女子達はこちらに気付くと、
「きゃー!」
「うそー!?」
「えっ!? マジで!?」
と、悲鳴に近い声を上げ、笑ったり、目を隠してこちらを見ないようにしていたりと、女子達も何が起こったのかわからない様子でした。 
するとT先生は
「忘れたやつはこうなるんだ、ほら早く並べ!」
と言い、問答無用で私達を整列させました。 
プールに向かって左に男子、右に女子という、授業と同じ形です。 
男子は私とKの2人、女子は同じ1年生ばかりが10人もいました。 
上級生達は、全員が何日も前に早めに補習を終わらせたようです。 
整列した後、挨拶をするのですが、気を付けの姿勢をしなければならず、そのときは手で股間を隠せません。 
私はKよりも女子に近い方に並んでいたので、そのとき少し見られたかもしれません。
次は準備体操です。 
通常の水泳の授業のときは、プールサイドは狭いため、男子は体育館で、女子はプールサイドでラジオ体操をします。 
ですが、補習授業のときは人数も少ないので、全員プールサイドで行います。 
前に出るのも体育委員ではなく、T先生が適当に指名した男女一人ずつです。
「おう、お前達ちょうど2人だから前に出てやれ」
通常の男女一人ずつと違い、今回前に出てラジオ体操をするように言われたのは、私達、フルチンの男子2人でした。 
T先生を見ると、いつもの水泳の授業での海パン脱がしのイタズラを見るときと同じ表情をしていました。 
Kと私はお互いの目を一瞬見て、やるしかないと、覚悟を決めました。
両手で股間を隠した情けない恰好のまま前に出ると、
「うわぁ・・・」
という声が女子から上がり、私の緊張はピークに達していました。 
いつもはお調子者のKも、さすがに緊張している様子でした。
女子に近い方に並んでいた私は、必然的に女子の目の前に立ち、Kはそれまで私達男子が並んでいた場所の前に立ちました。 
男子が前に出たため、女子達は少し広がるように言われましたが、女子全員が私の前に並ぶ形のままで、女子の視線はほとんど全員、私に向いていました。 
女子は5人ずつ前後2列に並んでいましたが、前列の女子と私の距離は、お互いが手を伸ばせば届くかもしれないくらいの近さでした。 
前列の5人は普段もたまに話をするし、顔もそこそこで、後列のうち2人はギャル系、残りの3人は地味な印象の娘達でした。
前に出ると、T先生から、
「早くせんか! ほら気を付け!」
と言われ、ついに股間から手を離し、気を付けの姿勢にさせられました。 
仮性包茎チンコを同級生の女子に間近で見られてしまったのです。
「きゃー!!」
「いやー!!」
「もぉやだー!」
と、最初よりも大きな悲鳴が上がりました。 
表情を見ると、ほとんどの女子が笑っているようでした。 
この女子達の反応で、本当に女子の前でフルチンを晒してるんだと実感し、この状況と女子の水着姿で、勃起しそうになってしまいました。 
フルチンの今、勃起すれば言い逃れはできません。 
早く終わらせようと、両手を上げ、
「いっち、にっ、さん、しっ」
と、ラジオ体操を始めました。 
女子達は戸惑いながらも、私に動きを合わせてくれました。 
地味な娘のうちの一人は完全に目をそらしていましたが、ほとんどの女子は、笑いながらチラチラとこちらを見ているようでした。 
そして時々、笑い声も聞こえました。 
最初は気付きませんでしたが、もし男性なら、全身が映る鏡の前でラジオ体操をやってみてください。 
何も押さえつけるものが無いチンコと金玉は、動くたびに想像以上にブラブラと揺れるのです。 
それがおかしくて笑っていたのだと思います。 
胸を反らしたり、身体を後ろに曲げる運動など、股間を突き出すような動きをすると、大きな笑い声が聞こえましたが、半ばヤケクソぎみでやりきりました。
ここまで何度か半勃起しましたが、なんとかこらえ、勃起を悟られることはありませんでした。 
しかし、ラジオ体操も終盤にさしかかり、その場で飛び跳ねて腕と足を開く運動をしたときに悲劇が起きました。 
上下に飛び跳ねると、チンコも一緒に飛び跳ねてしまい、そのたびにチンコと金玉が腹や足にぶつかり、ペチンペチンというマヌケな音が鳴るのです。 
静かな放課後のプールで、私のチンコがペチンペチンという音を響き渡らせていることに気付くと、女子達は皆、体操ができないくらい大笑いしました。 
その恥ずかしさと、チンコに加わる衝撃で、ここまでこらえていたものを我慢できず、ついに私のチンコは完全に勃起し、上を向いた状態になってしまいました。 
勃起してもチンコの皮はほとんど被っていて、先っぽだけ少し剥けている状態です。 
勃起して硬くなったチンコは、飛び跳ねることで、まるで扇風機の羽のように回転し、女子のさらなる爆笑を誘いました。 
私はそのままラジオ体操をやりきりましたが、
「マジで!? 勃ったの!?」
「うわっ、なんか動いてるし!」
「もぉー、最悪ぅー」
と、結局、同級生の女子の前でフルチンになって勃起するところを晒すという、思春期の男子にとってこれ以上ないというくらいの羞恥を味わいました。
ラジオ体操が終わると、男女ともシャワーを浴びたのですが、狭いシャワーを全員で浴びるので、女子との距離は先ほどよりも近く、勃起チンコが女子の身体に触れてしまうかもしれないと思うくらいでした。 
その最中、Kは開き直ったのか、
「ほら、お前も隠すなよ、もう見られてるんだから意味ねーって」
と、手を腰に当てていて、隠す様子はありませんでした。 
私はまだ勃起したままで、どちらにしろ両手でも隠しきれていなかったので、戸惑いましたが、Kと同じく股間を隠すことをやめました。 
その間も、女子からはチラチラと股間を見られているようでした。
冷たいシャワーを浴びて勃起を抑えようとしていると、後ろから1人のギャル系女子が近づき、
「てぃーんっ!」
と、私の勃起チンコを、デコピンのように指で弾いたのです。 
私は突然のことに驚いてその場にしゃがみこんでしまいました。 
しかし、それを見ていた女子達は爆笑していました。
シャワーの後、やっと補習が始まりました。 
男子は2人だけなので左側の1コースだけを使い、残りは女子が使いました。 
プールの中ではほとんど見えないので、先ほどよりも恥ずかしさは軽減され、プールサイドに上がったときも股間は隠しませんでした。 
泳ぎに集中したからか勃起もすぐ収まりましたが、ずっと女子から痛いくらいの視線を感じ続けました。 
50分間無心で泳ぎ続け、ついに補習は終わりました。
プールサイドに整列して挨拶をし、やっと女子の視線から解放されると思った矢先、T先生が、
「シャワーを浴びたら、今日で最後だから、軽くプールサイドと周りの掃除をしろ、30分したら帰っていいぞ」
と言い、職員室に帰ってしまいました。 
あと30分もフルチンの全裸を女子に見られ続けなければならないのか、と思うと、疲れもあったのか、身体が重くなったように感じられました。
結局、フルチンのままプールの周りの掃除を始めると、ラジオ体操のときに前列にいた女子達5人が私に近づき、その1人が、
「まぁ元気出しなよ、水着忘れたの?」
と、話しかけてくれました。 
彼女たちはさっきまで私を見て笑っていましたが、元々それなりに話をする仲でした。 
おそらく、初めて間近でフルチンや勃起を見て、みんな笑うしかなかったのだと思います。
話しかけられたことで、嫌われたわけではないのかもしれないと、少し安心しましたが、露出の多い競泳水着を着た女子が近くにいるということと、私がフルチンであるという状況に、意思とは関係なく、下半身が反応してしまいました。 
私が勃起したことに気付くと、5人は全員笑っていましたが、
「男子なんだからしかたないよ」
とフォローしてくれました。
「忘れたからT先生に裸でやれって言われたの?」
と聞かれ、私は勃起したまま、こうなった経緯を全て話しました。
「あ〜、私も1回分なかったことにされたことあるよ」
と別の女子が言いだし、みんな同情してくれました。 
話しているうちに勃起は収まり、
「元気出しな〜、きっといいことあるって」
と励ましてくれました。
その後T先生が戻ってきて、解散になりました。 
プールサイドの方の掃除をやらされていたKと一緒にダッシュで更衣室に戻り、やっと羞恥地獄から解放されました。
しかし、今回の出来事の噂が広まってしまっているのではないかと思うと、次の日に登校するのはとても不安でした。 
ですがそれ以後、卒業するまで噂が広まることはありませんでしたし、励ましてくれた5人とも、それまで通り普通に話ができました。 
その5人はもちろん、ギャルや地味な娘達も、周りに話さないでいてくれたのです。 
しかし、10人もいて誰にも話していないとは思えないので、女子達の間では密かに噂されていたのかもしれません。 
同窓会でもあれば、酔った勢いで聞いてみようかなと思っています。
後日、T先生に、どうして補習を受けるのは2人だけだなんて嘘をついたのか聞いてみると、
「女子がいるって言ってたらやってなかっただろ? 留年しなくて良かったじゃないか」
と言うのです。 
元はといえばT先生のチェックミスが原因なのですが、それ以前に、女子の水着姿をよく見たいがためという不純な理由で見学したことへの罰が当たり、逆に女子から見られる羽目になってしまったのかもしれません。
後から先輩に聞いた話によると、T先生は、少し内気な生徒に度胸をつけさせるため、裸で補習を受けさせることがあるという噂を聞きましたが、私がそうなったとは誰にも言えず、Kもずっと黙っていたようです。 
私もKも全く内気ではないと思うので、なぜ私達だったのかはわかりませんでした。
そして、実際にはあの日、補習を受けなくても留年にはならなかったかもしれないことがわかりました。 
女子の中には補習の回数が足りず、夏休みに補習を受けた人もいたそうです。 
まあ実際、期日を過ぎているわけですし、特別な理由がなければ認められなかったのかもしれませんが。
それから卒業までは、できる限り水泳の授業は休まず、補習のときも、ちゃんと名簿にチェックされたか確認するようにしました。 
補習は全学年でするので、スパッツ型水着の下級生の中、ブーメランパンツは恥ずかしかったです。 
もちろんフルチンよりはいいですけどね。
しかしそれ以後、少しずつ競泳水着とCFNMが好きになっていき、今では全裸になるたびに今回のことを思い出して勃起してしまうようになり、オナニーをするときはいつも似たデザインの競泳水着の画像を探してしまいます。
今もあのときの女子達の顔が忘れられず、もう一度くらい、フルチンで女子の前に出て、ラジオ体操をさせられてみてもよかったなと思うこともあります。 
いろいろと厳しくなった今でも、あのT先生がいる学校なら、まだフルチンで補習を受けさせられる生徒はいるかもしれませんね。 
当時は恨みましたが、今ではT先生に感謝しています。 
今までで一番、興奮した出来事でした。
高校時代の貴重な思い出ができたことを嬉しく思っています。