スーツで作業|学校での体験談|ネットにあったエ口すぎる体験談

スーツで作業

投稿日時:2014/11/17 05:00カテゴリ:学校での体験談

大学の文化祭の準備で大きな看板を同じサークルのゆみちゃんという、割と仲の良い、大人しくて清楚な感じの可愛いらしい子と部室で二人で作っていた。
いつもはズボンで作業してるんだけど、その日ゆみちゃんは午後から就職活動があり、スーツで大学に来て準備していた。

スーツは膝よりちょっと上ぐらいの丈のスカートだったんだけど、
床に置いた段ボールにペンキを塗ったり、切ったりする作業なので、常にしゃがみこんで作業しなければならず、ゆみちゃんは向かい合って作業している俺にパンツを見られないように足を横に向けて必死にガードしていた。

ただ、作業は長時間なのでずっと足を横に向けて作業するのは辛いようで、会話をしながら作業をしていると、段々膝が正面に向きはじめてくる。
あとちょっとで見えそうという状況で平然を装いながら作業していると、ついにゆみちゃんは膝を完全にこっちに向けた。当然、スカートの中は丸見えになり、足の間から白のパンツがばっちり。
初めて見るゆみちゃんのパンチラと「仕方ないか」という諦めた感じの顔にとても興奮した。

女友達のパンチラがじっくり見れるチャンスはなかなか来ないと思い、それから一時間ぐらい正面を向いて話しながら、割とがっつり見まくってたら、ゆみちゃんの返事がどんどん冷たくなってきたから、サークルの男友達にパンツを狙われているのはわかってたんだろうけど、スーツ姿ではどうしようもないみたいで、最終的にはしゃがんでいる足の開きも大きくなり、ほとんどパンモロになっていた。

就活と被ってもわざわざ来て作業を手伝ってくれる優しいゆみちゃんに悪いと思いながらも、パンチラと悔しそうな表情でその日は抜きまくった。